時間も場所も気にしないライフスタイルに学ぶ、人生に大切な10のコト

これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ』(日本経済新聞出版社)だ。

Vol.4では、そのなかから「時間・場所から自由になる」に関する言葉を紹介。

自分自身を鼓舞したい時、一歩前へ踏み出すきっかけを探している人へ。


001.

どこの場所住むのかは どんな人生を 送りたいのかと

イコール

住む場所を決めるときは、仕事よりもどんな生活を送りたいかを考える。どんな場所でもできる仕事を作り出せれば、自分のライフスタイルに合った好きな場所に住むことができる。

002.

家で勉強しない

nomad

自分の家やオフィスだと、ソファに寝そべって昼寝といった、誘惑の種が尽きない。誘惑に負けないだけの強靭な意志を鍛えるより、誘惑そのものを遠ざける方が懸命だ。

003.

「時間があればなんとかなる」というのは間違い

「時間ができてから考えよう」とか、「時間さえあれば自分は変われる」とかという考えも捨てよう。空いた時間を浪費時間にしないために何をするのかは、事前にしっかりつくっておかなければならない。

004.

夜は勉強でなく

他人から学ぶ時間

と心得よ

大人は付き合いがあるし、お酒を飲んだりすれば、眠たくなる。夜は勉強に向いていない。とくに資格試験を受けたい人は、朝に勉強するべきだ。

005.

考えるという行為は

物事を複雑化させるために

あるのではない

nomad

物事を単純化していくために、人は考える。この出発点がわかっていないと、いつまでも無駄な時間と労力を支払い続けることになる。

006.

「時間効率を上げる」ことと、

スピードを上げることとは違う

重要なのは、時間密度を濃くして時間を短縮すること。時間密度が薄いまま、単に早く仕上げるのはまったく別のこと。

007.

歩くスピードで

街を眺めると

たくさんの発見がある

nomad

アイデアに煮詰まったとき、イライラが続くときなどは、 歩くスピードで街を眺めることで 「街から気付きを得る」ことができる。

008.

ゴールを明確に描く 最大のメリットは、 選択力が身につくこと

自分にとって何が大切で、何が大切でないかがわかるようになる。余計なことをしなくなり、時間、労力、お金の無駄がなくなる。

009.

忙しいほど

ゆっくりと

おいしい食事をとる

nomad

おいしいものを食べてたら例外なく気分が盛り上がる。忙しいからと言っておろそかにすることなく、忙しいときこそ、おいしい食事を確保するようにしよう。

010.

疲れたら「積極的」に休む

nomad

疲れたときはだらだらしてはいけない。疲れたときは寝るしかない。睡眠によって脳の興奮を沈め、体の疲れを回復させるのがいちばんだ。

LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ
コンテンツ提供元:本田直之

スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
旅には、人生が凝縮されています。
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...