世の中は要らないモノで溢れている。真の自由を得るために、捨てるべき「10のコト」

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚悟が必要だ。

四角大輔氏の『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』(サンクチュアリ出版)には、自分らしさを見失うことなく、しなやかに、たくましく生きていくために捨てるべきことが50個紹介されている。

vol.5では、「ライフスタイル」から10個をピックアップ。

胸の奥の深いところに耳を澄ませ。わがままを肯定しろ。優先順位がわかったら、あとは実行にうつすのみ。


 01.
「無いと不安」を捨てる

〜軽さこそが、正義〜「とりあえず持っていこう」から「ためしに置いていってみよう」へ。

02.
慣れた住まいを捨てる

daisukeyosumi

〜拠点を変えるほど発想力は上がる〜「なにかと便利な場所」から「ワクワクさせてくれる場所」へ。

03.
「あれもこれも」を捨てる

〜そこら中につけたツバで、身動きが取れなくなる〜「あれもこれもやりたい」から「これしかしない」へ。

04.
照れを捨てる

daisukeyosumi

〜欲求を惜しみなく伝える〜「言ったら恥ずかしい」から「まず言う」へ。

05.
"つねにオンライン"の習慣を捨てる

〜1日1回、オフライン時間を設定する〜「いつでもつながる」から「つながりたいときにつながる」へ。

06.
"逃げない覚悟"を捨てる

daisukeyosumi

〜ポジティブな逃げ道を作れば良い〜「怖いけど、やっちゃえ」から「怖くないから、やっちゃえ」へ。

07.
会社への忠誠心を捨てる

〜ライフラインをいくつか確保する〜「会社でどう役立つか」から「世の中でどう役立つか」へ。

08.
あきらめを捨てる

〜小さな欲求をいくつも解放する〜「やりたいと願う」から「やりたいことを忘れない」へ。

09.
むやみな自由願望を捨てる

daisukeyosumi

〜実績を出してから次をめざせ〜「この会社じゃなにもできない」から「この会社でなにができるか」へ。

10.
成功例を捨てる

〜なぞるよりも、フルリセットしよう〜「うまくいった例を探す」から「うまくいった例は捨てる」へ。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと
コンテンツ提供元:四角大輔

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
高原大輔・高原聡子/ Daisuke Takahara・Satoko Takahara「人生一度きり!世界中をこの目で見たい」という衝動を抑えきれず世界4...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
仕事のためではなく、自分の好きなことを中心に置いたライフスタイルを貫く、本田直之さんと四角大輔さん共著の『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...