【Vol.2】自由であり続けるために、20代で捨てるべき「50のこと」-四角大輔-

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚悟が必要だ。

四角大輔氏の『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』(サンクチュアリ出版)には、自分らしさを見失うことなく、しなやかに、たくましく生きていくために捨てるべきことが50個紹介されている。

vol.2では、「ワークスタイル」から10個をピックアップ。

自分のしたい仕事を、自分に与える勇気を。


 

01.
不得意な仕事を捨てる

〜"仕事してる感"しかない作業は自動化する〜「なんでも手間をかける」から「手間をかけるべきところにかける」へ。

02.
アピールを捨てる

daisukeyosumi

〜楽観的に見積もる人に成功者はいない〜 「とにかくがんばる」から「きちんと仕事をするために」へ。

03.
マルチタスク思考を捨てる

〜お茶を点てるように、目の前のことに集中する〜 「次はなにする?」から「今はこれだけ」へ。

04.
ToDoを捨てる

〜その「やるべきこと」は、本当に「自分のやるべきこと」なのか〜「どうすれば不安がなくなるか?」から「どうすればもっとワクワクするか?」へ。

05.
定時を捨てる

daisukeyosumi

〜まわりの予定に自分を合わせない〜 「お昼休みだからランチ」から「おなかが空いたからランチ」へ。

06.
多数決依存を捨てる

〜いけると思ったら、突っ走る〜 「みんなにわかってもらう」から「自分の気持ちを信じる」へ。

07.
決め付けを捨てる

daisukeyosumi

〜誰でもない。自分を縛り付けているのは自分〜「こうあるべきだ」から「こうしたい」へ。

08.
古い地図を捨てる

〜自分のセンサーをとことん信じる〜「今までどうだったか?」から「今どう感じているか?」へ。

09.
先送り願望を捨てる

daisukeyosumi

〜気が重い、怖いは当たり前〜「気が重いからやめよう」から「やってみたからわかるだろう」へ。

10.
バランス感覚を捨てる

〜なんでもできる人をめざさない〜「うまくこなす」から「これだけは絶対負けない」へ。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと
コンテンツ提供元:四角大輔

 

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
著者はインターンシップの事業を立ち上げ、メディアでは日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている秋元祥治さん。50もあるメッセージの中から、「たしか...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
多くの人にとって「結婚」は、人生最大の出来事のひとつだと言えるかもしれません。人生にはさまざまな節目がありますが、結婚までの時間も本当にかけがえのないもの...