収入源がひとつって、怖くない?複数の仕事をかけ持ちするパラレルワークってなに?

安藤 美冬

フリーランサー/コラムニスト

1980年生まれ、東京育ち。雑誌『DRESS』の「女のための女の内閣」働き方担当相、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるなど、幅広く活動中。これまで世界54ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。『情熱大陸』などメディア出演多数。著書に『冒険に出よう』、『20代のうちにやりたいこと手帳』、新刊に『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』などがある。
公式サイト:http://andomifuyu.com/

働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひとつの仕事だけでも手一杯な人が多いのに、なぜこういった働き方を求める人が増えているのか?
ノマドワーカーの先駆けとして、以前よりパラレルワーカーを実践している安藤美冬さんに話を伺った。

仕事は才能を開花させる手段

ーー 最近は海外の仕事も増えているそうですが、年間でどれくらい国外にいらっしゃるんでしょうか?

安藤 レギュラーで海外の仕事があるわけではないですが、今年は海外が4割、東京が5割、あとは地方が1割といったところです。仕事としては、本や記事の執筆、企業のアドバイザー。他にも政府関連の仕事がありましたね。平均すると、常時10〜15くらいの案件が動いているんじゃないかと思います。

ーー 安藤さんは以前から「パワレルワーク」を実践されていらっしゃいますが、仕事をひとつに絞らないのはなぜなのでしょう?

安藤 現実的なことで言えば、複数の収入源があることで、収入が安定するということがあります。リスクヘッジになるんですよ。収入源がひとつって、怖くないですか?

あと、単純に飽きないんです。私はひとつの仕事とか、ひとつの肩書きとか、ひとつの組織とかっていう、いわゆる「これまでの働き方」にずっと疑問を持っていた人間だったんです。もちろん、ひとつのことにコミットするのはプロフェッショナルな生き方だとは思うんですけどね。でも私は、何のために仕事をするのかって考えたとき、自分がまだ気づいていない才能を開花させる手段だと思ったんです。

ーー 才能を開花させる手段が仕事だと?

安藤 単純に、人って肩書きによって仕事が変わりますよね。私は20代のとき、たまたま出版社に入社することができましたが、肩書きが違ったら不動産業でもイベントの司会でもコンサルタントでもなんでもやれるし、なんでもできると思っていて。でも、会社的に副業は禁止されていたから、環境的にできなかった。そうなってくると自分の可能性についても意識しなくなってくるんですよ。

働き方にルールなんてない、
私は私のやり方で仕事に向き合う

ーー 思考が停止してしまうんですかね。

安藤 かもしれません。だから、もし自分がフリーランスとして独立するんだったら、仕事の領域を決めずになんでもやろうと考えていたんです。それに向いてない仕事は多分できないだろうし、気が乗らない仕事はやらないだろう、と。だから、みんなもっと仕事に対して自由になっていいと思うんですよね。仕事はこうでなきゃいけない!って思い込んでいる人が多い気がします。

もちろん、考え方は人それぞれなので一概にこうとは言えませんが、私は「なぜ会社で働きながら他の仕事をしちゃいけないの?」とか、「なぜ独立するのにひとつの領域に仕事を絞るんだろう?」とか思ってしまうんですよ。私は、私のやり方で仕事と向き合っていきたい。

ーー おそらく、そういった話をいろんなところでされていると思うんですが、周囲の反応はいかがですか?

安藤 反応はあまり気にしていないですけど、共感してくれる人は多いですね。なかには「そんなことできるわけがない」って考える人もいますけど。でも、いろんな気持ちを抱えながらも、どこかで折り合いをつけて生きている人って絶対いると思っていて。本当は音楽に関わる仕事がしたかったとか、本当は本を書いてみたいとか。

私は諦めたくないし、全部できると思っているんです。でも、それは私に特別な才能があると思っているわけではなくて、やってみて才能を開花させようって考えてるんですよ。以前、シェアオフィスの立ち上げに関わったことがあったんですけど、それまで不動産に関する知識なんてなかったんです。やっていく中で少しずつ仕組みがわかるようになったりして、そうしていたら国土交通省から仕事のオファーがきたり、いろいろつながっていきました。だから、とにかくやってみることが大切だと思います。

数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
斧型ワークアウトグッズ「The Chopper」の紹介。
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
リモートワーク時代に働くすべての人に向けた新しい湯のみ「チャプター」が、応援購入サービス「Makuake」で9月末まで予約を受け付け中。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...