仕事と休暇を組み合わせた新しい働き方「ワーケーション」に注目

新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークの定着など働き方が見直されている今注目されるているのが、ワーケーションという柔軟な働き方。

ワーケーションとは「ワーク」「バケーション」を掛け合わせた造語ですが、具体的にどのようなものなのでしょうか?

ここでは、ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、なぜ今ワーケーションが注目されているのかを解説していきます。

「ワーケーション」とは?意味や語源について

©iStock.com/ozgurcankaya

ワーケーションという言葉は2000年代にアメリカで使われ始めたと言われている言葉。『デジタル大辞泉』によると、ワーケーションは次のように定義されています。

《work(ワーク)+vacation(バケーション)からの造語》休暇中、特に旅行先でテレワークを行うこと。

ワーケーション制度を使えば、働く場所の制限がありません。海辺のリゾート地や地方の温泉旅館などの非日常的な環境からも働くことができるので、家族旅行に行って、家族が観光している間、自分は宿に籠もって仕事なんてことも可能になるわけです。

ではテレワーク(リモートワーク)とワーケーションはどのような違いがあるのでしょうか?

テレワーク(リモートワーク)とワーケーションの違い

©iStock.com/FilippoBacci

オフィスに出社せず遠隔で勤務するという働き方という点では、テレワーク(リモートワーク)とワーケーションに違いはありません。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

一般社団法人日本テレワーク協会によると、テレワークは次のように定義されています。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

通常リモートワークは、自宅やサテライトオフィスなどあらかじめ申請した「指定の場所」でおこなうことが前提とされている一方、ワーケーション制度では働く場所の選択肢がより広がります。

企業によっては、国内に限るなど独自の制限が設けられることはありますが、基本的にはどこからでも働くことができるのです。

ワーケーションが推進されるわけ

ワーケーションは、働き方改革の促進、また地域活性化に繋がるとして期待されています。

企業や働く従業員にとってワーケーションは、ストレスフリーな環境下で働くことでの業務の効率化、モチベーションや生産性の向上が期待され、「柔軟な働き方」として導入する企業が徐々に増えてきています。

また、自治体にとってワーケーションは、雇用機会の創出や地域の活性化に繋げられる可能性があるとして期待されているのです。

昨年2019年11月、ワーケーションを受け入れる側の全国の自治体が集まって、「ワーケーション自治体協議会(WAJ)」が設立され、65の自治体(1道6県58市町村)が会員として参加しています(2019年11月時点)。多くの自治体を巻き込んだワーケーションの推進は今後も活発化していきそうです。

ワーケーションの課題

©iStock.com/baona

このように、ワーケーションには多くの期待が寄せられていますが、今後の普及に向けては課題もあるようです。

まずワーケーションを企業が導入する場合、労務管理やガイドラインを整備する必要がでてきます。労働時間をどのように管理するのか、マネジメントはどうなるのか、情報管理はどのようにおこなうのか、コミュニケーションはどのように取るのか、交通費や宿泊費は支給するのか......などなど、ルール作りや社員に浸透させるためのハードルが多く存在します。

ワーケーションのアイデア

企画会社AIDAMAが提案するワーケーション

新しい発見は、実はどこか遠く海外まで行かなくても十分できます。

今、自分がいる「日本」にだって、あらためて感じられる素晴らしさはあるし、新しい発見もある。仕事に追われたストレスフルな日々のちょっとした合間。それで足をのばせる範囲でも、働きながらリフレッシュできればそれでよし。

↓↓↓続きを読む↓↓↓

まとめ

ここでは柔軟な働き方として期待される「ワーケーション」について解説しました。

新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入やデジタル化が急速に進み、ワーケーションを取得しやすくなった人、ワーケーションを取り入れやすくなったという企業も多いのではないでしょうか。

いろいろと課題はあるものの、ワーケーション制度が今後日本でどう根付いていくのか注目したいです。

Top image: © iStock.com/treety
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
自分の「幸福度」を高める、働き方。
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...