そこの働く女子!会社の飲み会、参加する?しない?

あなたはお酒が好きですか?好きな人、嫌いな人、体質的に飲めないという人もいるでしょう。今回はお酒が多少なりとも好きな人へ、伝えたいことを。

私はお酒が大好きです。ひとりで家でまったりお酒を飲むのも好きですが、誰かと飲むのはもっと好き。しかし最近、私の周りの20代の後輩や友人と話していると、

「会社の飲み会には参加しない」
「仕事関係の人とは、誘われても飲みに行かない」

なんて言うのです。

「なんて、もったいないことを~!」

と思わず叫んでしまいました。確かに、仕事関係の飲み会は面倒臭いことも多々あります。それでも、参加するメリットが、実はあるんですよ。

1 情報は酒席で得る

20代、30代の私たち世代では考えられませんが、現在の40代後半からのバブル世代は、男女ともにみなさん、本当にお酒が好きです。しかも、朝まで飲んでいても元気。

朝まで付き合う必要はありませんが、酒席に出るだけで、「いいヤツ」だと認定してくれます。そうすると、仕事の裏話や内緒話が結構な確率で出てくるのです。そう、飲み会は情報を手に入れるには一番手っ取り早い方法。ただし、自分からは噂話はしないこと。どんな形で広まるかわかりませんからね。

黙ってウンウン頷いて、先輩や上司の話を聞いておきましょう。そうすると、情報が得られ、職場でのあなたの評価が簡単に上がります。

試しに一度くらい付き合ってみては?

2 仕事が降ってくる

私は会社員時代、社長や上司と飲みに行っていました。もちろん時々です。数ヶ月に1度というレベル。そういう時に、お酒の勢いを借りて、希望の仕事とか、こういうことがやりたいなどの夢を話してしまいましょう。あくまでもアイディアレベルでOK。

お酒の席っていうのは言い訳にもなるので、「とりあえず言ってみる!」くらいの勢いはあってもいいですよね。でもね、お酒の席での話って、意外に覚えられているもので。結果的に狙っていた仕事を回してもらえたり、希望の部署への異動が叶ったりします。

実は私は起業してからも、お酒の席で会った人と一緒にプロジェクトを進めたり、仕事を紹介してもらったりしています(笑)。気が大きくなった時に語る夢は、実現の近道につながります。

3 お酒の味を知ることができる

友人や恋人とお酒を飲む場合、高いお酒を飲むことってなかなかないですよね。自腹でお酒の勉強をするのは、結構大変。

しかし、仕事関係や目上の方とお酒を飲む機会があると、決まっていいお酒を飲ませてもらえます。しかも奢りで。

特に高いワインは飲む機会が少ないので、その味を知るには絶好のチャンス。

「オーパス・ワン」
「シャトー・マルゴ」
「ペトリュス」
「エシェゾー」
「ロマネ・コンティ」
「ケンゾー」

時間という犠牲を払ったとしても、通常何万円から何十万円するようなワインが飲めるのであれば、お酒の席も悪くないでしょう。


このように書いていますが、私も若い時は仕事関係の人とお酒を飲みに行くのは面倒でした。でも、年を重ねるごとに意外とメリットが多いことが身にしみてわかります。

4月という季節柄、歓迎会などの行事も多いでしょう。異動や転勤で新しい環境になった人もいるかと思います。「今日、飲みに行かない?」という誘い、いつもは首を横に振っていたかもしれませんが、“メリット”を理解した上で参加してみるのはどうでしょう?

“奢ってもらえるうちが花”ですよ。

関連する記事

人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
コロナ禍で一躍有名になった妖怪「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場。緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワー...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
自分の「幸福度」を高める、働き方。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。

おすすめ記事

1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...