そこの働く女子!会社の飲み会、参加する?しない?

あなたはお酒が好きですか?好きな人、嫌いな人、体質的に飲めないという人もいるでしょう。今回はお酒が多少なりとも好きな人へ、伝えたいことを。

私はお酒が大好きです。ひとりで家でまったりお酒を飲むのも好きですが、誰かと飲むのはもっと好き。しかし最近、私の周りの20代の後輩や友人と話していると、

「会社の飲み会には参加しない」
「仕事関係の人とは、誘われても飲みに行かない」

なんて言うのです。

「なんて、もったいないことを~!」

と思わず叫んでしまいました。確かに、仕事関係の飲み会は面倒臭いことも多々あります。それでも、参加するメリットが、実はあるんですよ。

1 情報は酒席で得る

6027743598739456

20代、30代の私たち世代では考えられませんが、現在の40代後半からのバブル世代は、男女ともにみなさん、本当にお酒が好きです。しかも、朝まで飲んでいても元気。

朝まで付き合う必要はありませんが、酒席に出るだけで、「いいヤツ」だと認定してくれます。そうすると、仕事の裏話や内緒話が結構な確率で出てくるのです。そう、飲み会は情報を手に入れるには一番手っ取り早い方法。ただし、自分からは噂話はしないこと。どんな形で広まるかわかりませんからね。

黙ってウンウン頷いて、先輩や上司の話を聞いておきましょう。そうすると、情報が得られ、職場でのあなたの評価が簡単に上がります。

試しに一度くらい付き合ってみては?

2 仕事が降ってくる

5045158160629760

私は会社員時代、社長や上司と飲みに行っていました。もちろん時々です。数ヶ月に1度というレベル。そういう時に、お酒の勢いを借りて、希望の仕事とか、こういうことがやりたいなどの夢を話してしまいましょう。あくまでもアイディアレベルでOK。

お酒の席っていうのは言い訳にもなるので、「とりあえず言ってみる!」くらいの勢いはあってもいいですよね。でもね、お酒の席での話って、意外に覚えられているもので。結果的に狙っていた仕事を回してもらえたり、希望の部署への異動が叶ったりします。

実は私は起業してからも、お酒の席で会った人と一緒にプロジェクトを進めたり、仕事を紹介してもらったりしています(笑)。気が大きくなった時に語る夢は、実現の近道につながります。

3 お酒の味を知ることができる

5829699435495424

友人や恋人とお酒を飲む場合、高いお酒を飲むことってなかなかないですよね。自腹でお酒の勉強をするのは、結構大変。

しかし、仕事関係や目上の方とお酒を飲む機会があると、決まっていいお酒を飲ませてもらえます。しかも奢りで。

特に高いワインは飲む機会が少ないので、その味を知るには絶好のチャンス。

「オーパス・ワン」
「シャトー・マルゴ」
「ペトリュス」
「エシェゾー」
「ロマネ・コンティ」
「ケンゾー」

時間という犠牲を払ったとしても、通常何万円から何十万円するようなワインが飲めるのであれば、お酒の席も悪くないでしょう。


このように書いていますが、私も若い時は仕事関係の人とお酒を飲みに行くのは面倒でした。でも、年を重ねるごとに意外とメリットが多いことが身にしみてわかります。

4月という季節柄、歓迎会などの行事も多いでしょう。異動や転勤で新しい環境になった人もいるかと思います。「今日、飲みに行かない?」という誘い、いつもは首を横に振っていたかもしれませんが、“メリット”を理解した上で参加してみるのはどうでしょう?

“奢ってもらえるうちが花”ですよ。

人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
最近よく耳にする「リケ女」と呼ばれる理系女子。ここでは、そんな彼女たちの恋愛傾向を紹介します。当然のことながら、これらはすべての「リケ女」に当てはまるわけ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...