切ない「初恋」から学んだ、人生で大切なこと

初恋は、どんなに時間が経っても美しく、ちょっぴり切ない思い出。そんな誰にでもある淡い記憶を「Elite Daily」の女性ライターSheena Sharmaさんが記事にしています。失敗から学ぶのは、なにもビジネスやスポーツだけじゃありません。恋愛だって同じです。さっそく、彼女のコラムを見てみましょう。

初恋のことは、今でもはっきり憶えています。一緒に素晴らしい時間を過ごし、お互いたくさん成長しました。でも、私たち二人は若くて無鉄砲で…。それが最大の過ちでもあったのです。

恋が終わった後のあの無力感。当時は「絶望」という言葉だけでは説明しきれませんでした。ただ、今になってようやく、その結末は彼の、そして私の「若さ」と「愚かさ」が原因だったのではないかと思うようになってきたのです。

「本当はもっと同じ時間を過ごすことができたはずなのに…」。今、大人になった私は、当時の自分に腹を立てたりするようなことはありません。若すぎた私たちには、最初っから未来を見越す目など持っていなかったんです。人生のなかで恋愛を繰り返し、様々な経験を通して、愛することをもっと深めていくんだと思います。私がそう考える理由を紹介したいと思います。

少年から青年、
そして大人の男性へと

男性はたったひとりの女性ではなく、多くの女の子を求めるもの。どうしても欲望に支配され、目の前にあるスリルと自己満足を追いかけてしまいがちです。

しかし年齢を重ねていくとともに、男らしさは「数字で表せない」ということに気づきます。言葉や態度、守るべき存在への揺るぎない献身的な気持ちを学び、誰もが青年から大人の男性へと成長していくのです。

幼い頃の冒険のように…

子どものころ、とにかく刺激とスリルを求めて、毎日を過ごしてきたはずです。未開へと一歩踏み出すたびに、あなたの周りには驚きと発見の連続があったはず。それはまさに、子どもながらの大冒険。成長しても、冒険がどれほど人生に刺激と感動を与えるかは言うまでもありません。

つまりは「絆」を築き上げることなのです。冒険へと一緒に踏み出すことで、彼女の気持ちが手に取るように分かってきたり、笑顔だけでも幸せに過ごせることが分かってくるはず。

大切なのは
目に見えない奥深さ

価値あるものについて、仲間と語り合った日々。でも、若いころの経験は、大抵が表面的なものだったりします。本当に大切なことを手に入れるのは、とても難しいこと。だからそれに触れることを、人は怖れているのです。

今までは「あとでなんとかする」なんて、先延ばしにしていたかもしれません。でも5年後、10年後、そして15年後…。大人の問題に正面から向き合わなければいけなくなります。そして、あなた自身を無条件に愛する人へと、救いの手を差し伸べてあげられることに誇りを感じるでしょう。

逆境に直面した時こそ
誰かの助けが必要

子どものころは、何より親友が大切な存在。まだ自分とはいったい何者であるかを正確には理解していません。だから、彼らのことを心から信頼するしかないんです。逆境に直面したとき、親密な関係が救ってくれることに気付くでしょう。

そして、最終的には「誰かに心を開くこと」が必要です。

大人になるにつれて、人はこういった準備ができるもの。必要に感じるだけではなく、手に入れたいとさえ思うはずです。しかし、時間はコントロールできません。こうして大人に成長する中で、きっとまた誰か他の人を見つけるはず。

そして、ある日また出会うことがあったら、私はその初恋を懐かしく思い、彼の幸運を願うことができると信じています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
旅には、人生が凝縮されています。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
私にとって人生は、常に目隠しをしたまま一本道を歩いているようなもの。先が見えないから楽しいこともあるんだけど、そうじゃない部分もたくさんある。だからこそ、...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...