8月23日、浜離宮が「江戸」になる。夏休みを締めくくる芸術文化祭

いよいよ、夏休みが終わる。

その締めくくりにふさわしい異空間体験ができるイベントが、東京、浜離宮恩賜庭園にて世界的なファッションデザイナー・コシノジュンコ氏総合プロデュースによる「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」である。

今回の目玉となるのは、内堀広場に設けられる6メートルのやぐらと、その周りで繰り広げられるDJ KOOなど日本を代表するDJたちのプレイ、そして浴衣フェス。和太鼓がDJサウンドと共演し、江戸と現代が融合する圧巻のステージを体験できるという。

特設スペースでは日本が誇る剣道や居合、なぎなたなどの「武道」パフォーマンスの披露、江戸時代に大衆文化として広がりをみせた百人一首やこま、しゃぼん玉などを楽しめる「遊び場」も登場。

こちらも見逃せない飲食ブースでは、古くからの日本を感じるもののほか、復興支援の一環として福島県の「なみえ焼きそば」や「会津地鶏焼き」、全国新酒鑑評会金賞受賞7年連続日本一の快挙を達成した「ふくしまの酒」なども出店。

夏休み最後の思い出作りとフィーバータイムを叶えるのは、まるで江戸時代と現代が融合したようなこの異空間なのかも。

「浜離宮大江戸文化芸術祭 2019」は、8月23日〜25日の三日間限定だ。夏はまだ終わらない。

©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
Top image: © 2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...