8月23日、浜離宮が「江戸」になる。夏休みを締めくくる芸術文化祭

いよいよ、夏休みが終わる。

その締めくくりにふさわしい異空間体験ができるイベントが、東京、浜離宮恩賜庭園にて世界的なファッションデザイナー・コシノジュンコ氏総合プロデュースによる「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」である。

今回の目玉となるのは、内堀広場に設けられる6メートルのやぐらと、その周りで繰り広げられるDJ KOOなど日本を代表するDJたちのプレイ、そして浴衣フェス。和太鼓がDJサウンドと共演し、江戸と現代が融合する圧巻のステージを体験できるという。

特設スペースでは日本が誇る剣道や居合、なぎなたなどの「武道」パフォーマンスの披露、江戸時代に大衆文化として広がりをみせた百人一首やこま、しゃぼん玉などを楽しめる「遊び場」も登場。

こちらも見逃せない飲食ブースでは、古くからの日本を感じるもののほか、復興支援の一環として福島県の「なみえ焼きそば」や「会津地鶏焼き」、全国新酒鑑評会金賞受賞7年連続日本一の快挙を達成した「ふくしまの酒」なども出店。

夏休み最後の思い出作りとフィーバータイムを叶えるのは、まるで江戸時代と現代が融合したようなこの異空間なのかも。

「浜離宮大江戸文化芸術祭 2019」は、8月23日〜25日の三日間限定だ。夏はまだ終わらない。

©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
©2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
Top image: © 2019 浜離宮大江戸文化芸術祭 2019 実行委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
今夏、京都・下鴨神社に展示され大きな反響を呼んだチームラボの作品が、このたび東京に上陸。「見たかったけれど行けなかった」という関東在住の人には朗報と言えそ...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
牛が剣で刺されるサン・フェルミン祭りに対して、いくら400年続く伝統的な行事といえど、「動物を殺す様子を見せ物にしている」ということに、PETA(動物の倫...
高知の街の象徴である日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は2019年1...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...