【これは行きたい】星降る町の映画祭。城ヶ島にて

「夕されば涙こぼるる城ヶ島人間ひとり居らざりにけり」

これは、かつて城ヶ島に暮らした詩人、北原白秋の歌。白秋は「城ヶ島の雨」をはじめ、数々の詩や歌を作りました。彼に限らず、美しい大海原に抱かれた自然のなかでは、感性がいつもより鋭くなるのかもしれません。

そこで見る映画はきっと、自分でも驚くほど記憶に焼きつくのではないでしょうか。

この三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。

地球と遊ぶ、映画祭

秋が顔を見せ始める9月末。首都圏では数少ない島にある城ヶ島公園からは、海岸沿いのすすきの群れを見ることができます。少し冷たい秋の風に揺れるすすきを眺めていると、何だか感傷的な気分になってきますよね。

そんなノスタルジックな景色の中、映画祭は午前11:00からスタート。日中は音楽イベントやワークショップなど、自然の中で五感を使いながら最大限感性を解放できる、まさに「地球と遊ぶ」プログラムが揃っています。

普段は何もないところに
スクリーン

日が暮れると、辺りは夜の静寂に包まれ、遠くで波の音だけが聞こえるようになります。空を見上げると、満点の星空。そして、いつもは何もない静かな場所にあらわれるスクリーン。突如出現した舞台は、まるで夢のようにも思えます。

現実と幻想のはざまにいるような感覚のなか、いよいよ映画上映が始まります。公開プログラムは、こちらの3作品。

『浅草スマイル』林隆行 監督
『巣鴨救急 2030』高島優毅 監督
『大津 city 今恋心』太田信吾 監督

このイベントの特徴は、上映される映画が初公開となるオリジナル作品であること。さらに映画監督専用のギャザリングブースを設置し、来場客と自由にコミュニケーションがとれるようにもなっているそう。

これからの日本映画を盛り上げるためでもあるこのプログラム。日本映画が好きな人はもちろん、映画作りを夢にしている人も貴重な時間を過ごすことができる、まさに体験型の映画祭。

プロデュースしているのは、毎年「逗子海岸映画祭」を主催しているクルー、CINEMA CARAVAN。

昼の明るいうちは三浦半島の美しい自然を堪能して、夜はCINEMA CARAVAN制作による『海南神社 例大祭』の映像をはじめ、自然と共に大切に受け継いできた文化に触れることができるはず。

つまり、過去と未来が交差する映画祭。 

会場となる神奈川県立城ヶ島公園までは、京急本線の三崎口駅からバスで30分程度。「芸術の秋」に、五感をフルに使って美しい自然と新作映画を味わいませんか?

星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN

日時:2017年9月30日(土)11:00〜22:00
会場:神奈川県立城ヶ島公園
入場料:無料

Licensed material used with permission by 星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN

関連する記事

逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
8月31日〜9月4日まで「micro FOOD&IDEA MARKET」をはじめとした大手町・丸の内・有楽町にある全12スペースにて、“SDGs”がテーマ...
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「TikTok」と「東宝」がタッグを組んだ新たな映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」が開催。5月31日まで縦型映画作品を...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
世界三大映画祭のひとつとして数えられる「ベルリン国際映画祭」が、これまで優れた演技をした役者に与えられてきた「男優賞」と「女優賞」の廃止を発表。来年からは...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
『スター・ウォーズ』の「銀河元老院会議場」を彷彿とさせる仏パリにオープン予定の「Ōma Cinema」。観る映画だけでなく、映画館にもワクワクを!
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
今年の「SXSW」は新型コロナウイルスの影響で中止に。主催者は映画祭受賞作品をオンライン審査で発表し、現在、同賞に集まった50本以上もの短編映画作品が無料...
今要注目のアーティスト・冠木佐和子の「尻」をテーマにした個展が歌舞伎町・人間レストランで開催。アニメーション作家として世界4大アニメーション映画祭をはじめ...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
動物搾取の事実を取り上げたり、ヴィーガンメッセージを含んだヴィーガンフレンドリーな映画。そのジャンルに特化してリスト化した「VegMovies」がオープン...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。