甘く切ない森の映画祭。今年のテーマは…しゅわしゅわ!?

森の映画祭2017」のテーマは、しゅわしゅわ。気泡のように、現れては消えてゆく、儚くて切ない世界。

夏祭り、学校帰りの夕暮れ、こっそり好きな人と待ち合わせる夜のドキドキ。

上映される作品はどれも、いつか味わったような、そして憧れていたようなシチュエーションをコンセプトに選ばれていて、まるで自分自身の思い出の中に入っていくような体験。

今年は、愛知の
「佐久島」

21a3040d1c579bd810fb8d454d74ded707b4344c

2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県北杜市で開催し、一晩で2,700人が参加。

そして今年の会場に選ばれたのが、人口240人ながらも年間10万人以上の観光客が訪れる「佐久島」。三河湾に浮く離島です。

D4282e5c79a9c37e5303674e594f8195def89c8bDe6747b9feb92c82e1b5493ae77d028d8d78ac1e

佐久島行きの船乗り場「一色港」から、市営渡船でおよそ20分。ゆったりした雰囲気と、島の至る所に設営されたアート作品が人気の秘密。

コンビニや信号機がない、どこか懐かしい日本の原風景と現代的なアート作品を同時に楽しむことができて、まるでこの島自体が映画の舞台のよう。

2dc1ad8586396a3b57e56bfde8d77d5a9642f5af

そんな自然溢れる島で
どの映画、見る?

上映作品の第一弾ラインナップでは、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督の、『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』をはじめ、

『水戸黄門Z』
『しまこと小豆島』
『DEPARTURE』
『stomach ache』
『サイキッカーZ』
『MY BIRD』
『頭上の色論』
『colorful』
『SEE YOU』
『ガチャガチャ/GACHA GACHA』
『Rouge』
『オレの生きる道』
『SAKURA』
『dear TOKYO』
『夜間飛行』
『つみきのいえ』
『ゴールデンタイム』

の18作品が決定。

64915227c1d3795a00107e8cc696a0acc81c149a

さらに、映画鑑賞だけではなく「佐久島×アート×ICT」のワークショップもあり。愛知工業大学水野研究室のサポートで、プロジェクションマッピングも展示されるそうです。映画のスクリーンとはまた違った「幻想世界」に浸ることができるかも。

チケットは、7月24日(月)の朝7時から、Peatixにて。

10月7日(土)、秋の夜長に一生忘れられない映画祭はいかがでしょう。

Licensed material used with permission by 森の映画祭実行委員会
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...