逗子海岸の映画祭が放つバイブス:ドキュメンタリー

来場者は誰もが「この雰囲気が好き」と言う。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』は、誤解を恐れずに言えば雰囲気を楽しむものかもしれない。

「極端に言えば、映画祭じゃなくてもよかったんだよね。シンプルにみんなで集まれる場所を場所を作りたかった」とは、主催者である志津野雷さんの弁。写真家として世界を回るうちに、ホームグラウンドである逗子で、旅の成果を共有しながら五感で地球とつながる場所を作りたいと考えた。

確かに、スクリーンが中心にあるのは間違いないが、会期中の逗子海岸には多国籍なレストランや音楽もある。目の前に海もあって、風もある。そこに集う人々は、それら全部を楽しめるようになっている。

「そうそう。自然の中にいるって言う共通認識がいいんだよね。そこに映画とか音楽とか食とかがついてくる感じ」

「国も文化もごちゃ混ぜだけど、ハッピーな雰囲気がある場所。心地いい秩序みたいなものがある」

「本当は海をもっと使いたいんだけどね。ちょっとずつトライしたいのは、海からみる、海まで楽しんでもらえること」

次回は2019年5月に開催予定。来年は絶対に海へ飛び込もう。

TOP PHOTO: ©︎2018 TABI LABO

関連する記事

逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
今年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、イ・スンジュン監督『不在の記憶』。2014年4月に起こった「セウォル号沈没事故」を題材にし...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...