逗子海岸の映画祭が放つバイブス:ドキュメンタリー

来場者は誰もが「この雰囲気が好き」と言う。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』は、誤解を恐れずに言えば雰囲気を楽しむものかもしれない。

「極端に言えば、映画祭じゃなくてもよかったんだよね。シンプルにみんなで集まれる場所を場所を作りたかった」とは、主催者である志津野雷さんの弁。写真家として世界を回るうちに、ホームグラウンドである逗子で、旅の成果を共有しながら五感で地球とつながる場所を作りたいと考えた。

確かに、スクリーンが中心にあるのは間違いないが、会期中の逗子海岸には多国籍なレストランや音楽もある。目の前に海もあって、風もある。そこに集う人々は、それら全部を楽しめるようになっている。

「そうそう。自然の中にいるって言う共通認識がいいんだよね。そこに映画とか音楽とか食とかがついてくる感じ」

「国も文化もごちゃ混ぜだけど、ハッピーな雰囲気がある場所。心地いい秩序みたいなものがある」

「本当は海をもっと使いたいんだけどね。ちょっとずつトライしたいのは、海からみる、海まで楽しんでもらえること」

次回は2019年5月に開催予定。来年は絶対に海へ飛び込もう。

TOP PHOTO: ©︎2018 TABI LABO

ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
たしなめちゃったら、こっちのもの!
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...