変わらないために変わり続けるラーメン屋:ドキュメンタリー

1985年に福岡で創業し、現在は世界12もの国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るため、彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける」精神だ。

「味もサービスもイメージも、変える時はガラッと変えます。来てくださるお客様に、日々『おもしろいことをやってるね』と喜んだり驚いたりしていただきたくて。変わらないために変わり続けるということは、常にチャレンジをしていくということなんです」

具材の調理法、チャーシューの炊き方、スープの色味、麺の食感。変化という努力の跡はいたるところに見られるが、その最たるものが有田焼の器だろう。

有田焼といえば、400年以上の伝統をもつ高級焼き物。それをラーメン鉢に使い、さらに全国展開するには懸念点もあったという。

「それでも、一風堂は福岡で創業したラーメン屋。九州から日本、そして世界へ発信するにあたって、佐賀県の有田焼という伝統ある焼き物を使いたいと思いました」

「豚骨スープやトッピングなど、ラーメンが一番おいしそうに見えるよう広がりのある器になっているんです。機械だけで作るとシャープさが出ないので、最後は全部職人が仕上げています」

職人の技術と知恵を借りて完成する有田焼の器だが、今でも数年に一度はデザインを変更しているという。それもより良いものを目指して「変わらないために変わり続ける」情熱だ。

今年で創業33周年を迎えた『一風堂』。訪れる人々に「やっぱり一風堂やね」と喜んでもらうため、彼らは今日も、変わり続ける。

Top image: © TABI LABO
1985年に福岡で創業した『一風堂』は、今や世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るために...
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
日本一煮干しを追求したラーメンでおなじみ「ラーメン凪」とロンドンの人気ラーメンバー「Bone Daddies」のコラボ。10月27日まで!
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
多くのメディアや雑誌に取り上げられるまでに成長した、クラフトコーラを販売する『伊良コーラ』を追ったドキュメンタリー。
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
11月22日、世界的アーティスト「草間彌生」の半生を追ったドキュメンタリー映画「草間彌生∞INFINITY」が公開となる。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。