どんな危険があるの?スマホをわざと盗ませて追跡した、スリリングなドキュメンタリー

もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。

オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去にスマホを盗まれた経験を持つひとり。それから数年がたった今でも彼が気にしていたのは、盗まれたスマホのその後の行方でした。そこで彼は、スパイアプリ「Cerberus」をインストールして追跡可能にしたスマホを、わざと盗ませて追跡してみる、という実験を思いついたのです。

そのドキュメンタリーは、すでにYouTube上で550万回も再生されています。

「すべてを覗き見ることができ、
その恐怖を改めて感じた」

実際、スマホがオンラインにある限り、たとえ盗まれたとしてもAnthonyさんのパソコンから遠隔で写真や動画の撮影、録音、位置情報の取得が可能だったそう。それだけではなく、テキストや写真、動画にいたるまで、そのすべてを覗き見ることも。

さて、盗まれたスマホは一体どうなってしまったのでしょう?

犯人の顔も家も
移動の履歴も、すべて判明

アムステルダムの地下鉄で“盗まれた”この「囮スマートフォン」は、しばらくアムステルダム市内に留まっていました。犯人の鮮明な顔も、遠隔で写真を撮影し、判明。

その後、犯人がしばらくスマホを使い続け、いろいろな人と連絡を取っている様子をAnthonyさんはモニタリング。女性とのデートの様子の録音や、その位置情報から自宅も突き止めることができてしまったのです。

しかしある日、突然スマホがオフラインになります。そこで意を決して間違い電話を装い電話をかけてみたところ、ちゃんと通じました。どうやら、まだ犯人が持っていることは確かなようです。

そしてついに、本人のところへ

いてもたってもいられなくなったAnthonyさんは、位置情報の履歴から、犯人が現在いる可能性の高い場所に実際に赴きます。そして…犯人を発見したのです。

しかし当然、犯人はすれ違っただけの学生がまさかスマホを追跡しているとは知る由もありません。Anthonyさんは素早く写真だけ撮り、その場をあとにしました。それからはもうスマホがオンラインになることはなく、追跡はそこで中断。

「盗難の恐怖だけじゃなく
ハッキングの恐怖も伝わるはず」

この実験的な体験を、Anthonyさんはドキュメンタリー映像としてまとめました。制作をしながら、彼はどんなことを考えていたのでしょうか?

「この映像は、僕と犯人の関係性について描いているんだ。分かったことは、どれだけデータを集めても、その人がどんな人なのかはわからない、ということ。僕は追跡して集めたデータを見ながら、なんだか彼のことがかわいそうになってきたんだ。きっと、お金がなくて孤独な悲しい男なのだろう…ってね。

でも本物の彼を見た瞬間、そんな気持ちはすべて吹っ飛んだ。僕の思い描いていたイメージとはまったく違って、正直ショックだったよ。体格がよくて、ドラッグをやっていそうなヤバい匂いがして、僕のほうを訝しみながら攻撃的な態度で近づいてきた。僕は、2週間に渡って毎日彼のことを見ていたんだ。だから知ったつもりになっていたけど、それはすべて僕の幻想だったんだ。

この映像を見て、盗難についてはもちろんだけど、スマホがハッキングされるリスクについてもちゃんと知って欲しい。パソコンを使うときはウィルスやセキュリティに多少なりとも気を遣うけれど、スマホは無防備ということも多い。

今回の映像は端末ごと盗ませているから、普通はここまでハッキングできないだろうけど、それでもみんなには気をつけて欲しいと思う。その恐ろしさが十分伝わる内容になったんじゃないかな、と思うよ」

スマホを盗まれる恐怖、個人情報が漏れる恐怖、ハッキングの恐怖、そして遠くからデータを見ているだけではわからないリアルの恐怖。

結果的に、社会に潜むさまざまな恐怖を映し出すことになった約20分のドキュメンタリー映像。あなたは、なにを感じますか?

Licensed material used with permission by Anthony van der Meer

関連する記事

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
もしも「ハーマン・カードン」が「スマホ」を作ったら、どのようなルックスになるのだろう? デザイナーJames Tsai氏は、そんな疑問をもとに自らプロトタ...
Netflixでおすすめ! ドラマ感覚で観られる「Netflixオリジナル作品のドキュメンタリー」を紹介。『ワイルド・ワイルド・カントリー』『ミス・アメリ...
7月8日、YouTubeがリドリー・スコットを製作総指揮、ケヴィン・マクドナルドを監督に迎え、地球の1日を記録したドキュメンタリー『Life in A D...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『History 101: 古今東西の"ナゼ?"を早わかり』『世...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
今年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、イ・スンジュン監督『不在の記憶』。2014年4月に起こった「セウォル号沈没事故」を題材にし...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
まるでパンを焼くおしゃれなトースターのような形をした「Phone Toaster」。スマホの除菌だけでなく、便利な機能が多数搭載。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
「大阪芸術大学」のアートサイエンス学科新校舎の完成までを追ったドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』が今秋公開予定。監督はホンマタカシが担当。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。