どんな危険があるの?スマホをわざと盗ませて追跡した、スリリングなドキュメンタリー

もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。

オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去にスマホを盗まれた経験を持つひとり。それから数年がたった今でも彼が気にしていたのは、盗まれたスマホのその後の行方でした。そこで彼は、スパイアプリ「Cerberus」をインストールして追跡可能にしたスマホを、わざと盗ませて追跡してみる、という実験を思いついたのです。

そのドキュメンタリーは、すでにYouTube上で550万回も再生されています。

「すべてを覗き見ることができ、
その恐怖を改めて感じた」

実際、スマホがオンラインにある限り、たとえ盗まれたとしてもAnthonyさんのパソコンから遠隔で写真や動画の撮影、録音、位置情報の取得が可能だったそう。それだけではなく、テキストや写真、動画にいたるまで、そのすべてを覗き見ることも。

さて、盗まれたスマホは一体どうなってしまったのでしょう?

犯人の顔も家も
移動の履歴も、すべて判明

アムステルダムの地下鉄で“盗まれた”この「囮スマートフォン」は、しばらくアムステルダム市内に留まっていました。犯人の鮮明な顔も、遠隔で写真を撮影し、判明。

その後、犯人がしばらくスマホを使い続け、いろいろな人と連絡を取っている様子をAnthonyさんはモニタリング。女性とのデートの様子の録音や、その位置情報から自宅も突き止めることができてしまったのです。

しかしある日、突然スマホがオフラインになります。そこで意を決して間違い電話を装い電話をかけてみたところ、ちゃんと通じました。どうやら、まだ犯人が持っていることは確かなようです。

そしてついに、本人のところへ

いてもたってもいられなくなったAnthonyさんは、位置情報の履歴から、犯人が現在いる可能性の高い場所に実際に赴きます。そして…犯人を発見したのです。

しかし当然、犯人はすれ違っただけの学生がまさかスマホを追跡しているとは知る由もありません。Anthonyさんは素早く写真だけ撮り、その場をあとにしました。それからはもうスマホがオンラインになることはなく、追跡はそこで中断。

「盗難の恐怖だけじゃなく
ハッキングの恐怖も伝わるはず」

この実験的な体験を、Anthonyさんはドキュメンタリー映像としてまとめました。制作をしながら、彼はどんなことを考えていたのでしょうか?

「この映像は、僕と犯人の関係性について描いているんだ。分かったことは、どれだけデータを集めても、その人がどんな人なのかはわからない、ということ。僕は追跡して集めたデータを見ながら、なんだか彼のことがかわいそうになってきたんだ。きっと、お金がなくて孤独な悲しい男なのだろう…ってね。

でも本物の彼を見た瞬間、そんな気持ちはすべて吹っ飛んだ。僕の思い描いていたイメージとはまったく違って、正直ショックだったよ。体格がよくて、ドラッグをやっていそうなヤバい匂いがして、僕のほうを訝しみながら攻撃的な態度で近づいてきた。僕は、2週間に渡って毎日彼のことを見ていたんだ。だから知ったつもりになっていたけど、それはすべて僕の幻想だったんだ。

この映像を見て、盗難についてはもちろんだけど、スマホがハッキングされるリスクについてもちゃんと知って欲しい。パソコンを使うときはウィルスやセキュリティに多少なりとも気を遣うけれど、スマホは無防備ということも多い。

今回の映像は端末ごと盗ませているから、普通はここまでハッキングできないだろうけど、それでもみんなには気をつけて欲しいと思う。その恐ろしさが十分伝わる内容になったんじゃないかな、と思うよ」

スマホを盗まれる恐怖、個人情報が漏れる恐怖、ハッキングの恐怖、そして遠くからデータを見ているだけではわからないリアルの恐怖。

結果的に、社会に潜むさまざまな恐怖を映し出すことになった約20分のドキュメンタリー映像。あなたは、なにを感じますか?

Licensed material used with permission by Anthony van der Meer
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...