今、Facebookで話題の「あのクイズ」に個人情報漏洩の危険性が?

「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」

最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照されている情報やその取扱について警笛を鳴らす声が。

いつもプライバシーポリシーを読まずにデータ参照を承諾している人は、参考程度に読んでおいた方がいいかもしれません。

登録してある個人情報が
勝手に使われてしまう?

C2dfd91b129869d75043d34eb15057ac10378a24

11月22日「Comparitech」による調査結果が話題になりました。彼らが指摘したのは、個人情報の取扱いやユーザーへの承諾プロセスです。

冒頭で紹介したクイズゲームの文言は「Vonvon」社によって運営されているアプリのもの。調査を行ったPaul Bischoff氏によれば、アクセスするために以下の情報が参照されていました。

・名前
・プロフィール
・画像
・年齢
・性別
・生年月日
・その他の公開情報
・友だちリスト
・過去のタイムラインすべて
・タグ付けされているすべてのフォト
・学歴
・出身地
・居住地
・これまでした「いいね」
・IPアドレス
・デバイスインフォ、ブラウザ情報
・言語
※記事公開後、同サービスで参照されるデータはいくつかに限定されています。

もちろん、ゲームをプレイする前には、こんな表示がポップアップされます。

「あなたからの承諾や通知なしに第三者に個人情報を提供することはありません(プライバシーポリシーにあるとおり)」

でも、肝心なのはプライバシーポリシーの詳細です。承諾した瞬間に、どこに情報を渡してもいいような契約をかわしている可能性がある、というのがBischof氏の見解でした。

「Vonvon」社の反応は…

6d90d5b07bfceeac58d540bddb7a011e06f949a9

これに対し、「Vonvon」社のキムCEOは「Venture Beat」のインタビューでこう答えています。

「いくつか間違った理解があるようです。第三者に売るために情報を集めているといいますが、そんなことはありません。ほとんどの人はただ楽しむ目的のためにやっているだけだと思いますよ」

調査をした「Comparitech」の記事にも同様、同社から送られたメールの文章が掲載されました。

「データは、クイズの結果を示すためだけに使われており、販売どころか保存もしていません。また、多くの情報へアクセスしていた理由は、その他のゲームのためのものでした。すでに、ゲームごとに扱うデータを限定するよう改善済みです。プライバシーポリシーの文章についてもただの言葉狩りです」

30cc5f03497a5eaa5edaf5498d94f02be8a528a8

たしかに、一部怪しいアプリに対してはこの度の指摘のような個人情報のやり取りに不安を覚えることもあります。

同社はwebサイトに参照データを削除する機能を設置しており、そのほか不安要素があれば、見つかり次第順次改善中とのこと。プライバシーポリシーも日本語で明示されています。

すでに約90万人以上ものユーザーに親しまれている人気アプリなので、心配だという人は結果を見た後に削除しておくと安心かもしれませんね。

AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
10月9日から利用可能になっているFacebookの新機能がある。それは、友達と位置情報を交換できる「近くにいる友達」機能だ。スマホアプリ上で通知設定をオ...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
あなたはロジカルな人間ですか?「Big Think」では、政治学の教授であるSteven V. Mazie氏があなたの論理性と合理性を調べるクイズを書いて...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
「Words of Heart」は、パスワードが一緒という斬新な条件を採用しているデートサイトです。
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
「人生一度、不倫をしましょう」との謳い文句で知られている世界最大の既婚者向け出会い系サイト「Ashley Madison」の3,300万人分の顧客データが...
仕事を進める上で、チームの緊密さはとっても重要。これまでもさまざまなサービスやアプリが従業員同士のコミュニケーションをサポートしてきましたが、ここに来て「...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
「赤ちゃん動画」と言えば、Facebook上で犬や猫とその人気を二分するジャンル。その中でも、世界中のパパやママの間で激しく議論されている動画があります。...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
食べログなどを代表とする評価サイトを使ったことはありますか?登録されている店舗のメニューやサービスに対して、ユーザーが評価を下し、コメントを書き込むことが...