街のケンカを「ラップ」で仲裁した男がレジェンド級!

ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。

そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。

間に割って入ると、おもむろにラップをスタート。

仲直りするまで
ここから離れねえぜ

「何があったか俺には知らねぇ。だけどこの場の一触即発。

道行く人には超迷惑、お前らの両親も困惑しちゃうぜ。

やめとけ、だせぇ挑発。

ふいに熱いリリックをかます男。

ケンカをしていたふたりも突然のことに一時呆然。ギャラリーは盛り上がりつつ3人の様子を見守ります。

さぁ、交そうぜ
友情の握手

みんなが釘付け!ラッパーは和解に踏み切らないふたりに、さらにこう続けます。

さあ交わそうぜ、友情の握手。この俺は、仲介の名手。

時間はあるぜ、俺はいつまでも、待つぜこのケンカのフィニッシュ。

そのフレーズを何度も繰り返す男。ケンカをしていたふたりも思いも寄らなかったイレギュラーな事態に、だんだん戦意喪失。

ついに熱意が届いたのか、若者はとうとう彼の前で仲直りの握手。

これにて一件落着。ギャラリーのひとりが一部始終を動画に収めていたことで、Facebook上で大きな話題となりました。

実際の動画はこちらから。

Licensed material used with permission by ViralHog
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
カナダのニューファンドランド島にあるマウント・パール。何もないというこの町をラップにのせてディスりまくるPR動画が面白いと話題だ。
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにこの人が就任!
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
オーストラリアで発売されている「Savel」は、食品用ラップの代わりとして使える製品。ルックスは違えど、カットしたレモンやライムなどを長持ちさせることがで...