街のケンカを「ラップ」で仲裁した男がレジェンド級!

ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。

そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。

間に割って入ると、おもむろにラップをスタート。

仲直りするまで
ここから離れねえぜ

A892bc6e17c87b18c546e6eb863c09ed26e149a9Debb5950c873e1822483fa467d1a0e151b599eeb

「何があったか俺には知らねぇ。だけどこの場の一触即発。

道行く人には超迷惑、お前らの両親も困惑しちゃうぜ。

やめとけ、だせぇ挑発。

ふいに熱いリリックをかます男。

ケンカをしていたふたりも突然のことに一時呆然。ギャラリーは盛り上がりつつ3人の様子を見守ります。

さぁ、交そうぜ
友情の握手

058b5cc3a34d6c41802f5e8de93c674bf1a70a96

みんなが釘付け!ラッパーは和解に踏み切らないふたりに、さらにこう続けます。

さあ交わそうぜ、友情の握手。この俺は、仲介の名手。

時間はあるぜ、俺はいつまでも、待つぜこのケンカのフィニッシュ。

そのフレーズを何度も繰り返す男。ケンカをしていたふたりも思いも寄らなかったイレギュラーな事態に、だんだん戦意喪失。

A18b83f6d434f82932a4ee1fc254134d40b84ccc

ついに熱意が届いたのか、若者はとうとう彼の前で仲直りの握手。

これにて一件落着。ギャラリーのひとりが一部始終を動画に収めていたことで、Facebook上で大きな話題となりました。

実際の動画はこちらから。

Licensed material used with permission by ViralHog
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...