ビースティ・ボーイズのMVをあのキャラたちがジャック!

近年ヒップホップが盛り上がっていますが、白人ラッパーの草分け的存在の、ビースティ・ボーイズをご存知ですか?ヒップホップとハードコア・パンクをかけ合わせた鮮烈なサウンドと、自身のレーベル「グランドロイヤル」を主宰するなど、90〜00年代の音楽シーンとストリート・カルチャーに多大な影響を与えた、ヤンチャでクールな3人組です。

そんなビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほどの名曲。また、ミュージック・ビデオ(MV)でも話題になったこのスマッシュヒットを、ビックリするほど和んじゃう映像とヒュージョンさせた、パロディ動画を紹介します。

の、前にまずは元ネタ
『サボタージュ』

1994年にリリースされたこのシングル曲。70年代の刑事アクションドラマをパロディにしたような内容で、刑事たちの大げさで笑える演技とふざけた感じこそが、ビースティ・ボーイズ!今でも愛される、アイコニックなMVです。

この遊び心満載なMVを懐かしの、あのキャラクターたちが乗っ取っちゃったのです!

お馴染みのキャラ達で
『セサミタージュ』

そう!セサミストリートのバートとアーニー。飛行機から誰を探しているんでしょう?

なぜビッグバードが新聞の一面に…?

元ネタと同じフォント。

ビッグバード「見つかった!」

カウント伯爵も

オスカー・ザ・グラウチも、ゴミ箱から出て運転席に。

最後には、2012年に唾液腺腫瘍を患って亡くなったビースティのメンバーのMCAへのメッセージ。

映像は、1984年に公開されたセサミストリート初の映画『セサミストリート ザ・ムービー:おうちに帰ろう、ビッグバード!』から様々なシーンをつなぎ合わせたもの。お馴染みキャラたちが続々と出て来ます。

元ネタの『サボタージュ』の時代感と、セサミストリートのノスタルジックな雰囲気がいい具合にマッチ。動画から伝わる疾走感と、ドタバタ感がシンクロしてますよ。

Reference:BeastieBoysVEVO
Licensed material used with permission by Adam Schleichkorn
andmore
他の記事を見る
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介していきます。
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。