「Zoom」でミュージックビデオを作ったバンドが話題

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で拡大するなか、クリエイティブやエンターテイメントの領域では、コンサートの中止や映画制作の中断など大きな影響を受けている。

「Thao & The Get Down Stay Down」もその影響を大いに受けたアメリカのバンドだ。

バンド、クルー、ダンサーが集まることができない環境で、ミュージックビデオの撮影計画がキャンセルせざるを得ない状況に......。

しかし、そこはさすが創造性に富んだ音楽シーンの住人たち。ミュージックビデオをリモートで制作するアイデアが持ち上がり、制作前の会議から5時間に及ぶリハーサル、そして本番の撮影と、すべてが「Zoom」を使っておこなわれた。

そして、完成して動画がコレだ!

© Thao & The Get Down Stay Down/Youtube

バンドメンバーが画面のなかで振り付けをしたり、一人の人間の身体を表したり、コマ割りされたミーティング画面などもうまく利用されている。

世界中を巻き込むパンデミックでも、人間の創作活動は止められない。行動の自由が制限されているときこそ、クリエイティビティを発揮するチャンスなのかもしれない。

Top image: © iStock.com/Brothers_Art
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事