「LEGO」× 「UNIVERSAL MUSIC GROUP」自分だけのMVを製作できるアプリ!

YouTubeやTikTok、Instagramを通じて、誰もがクリエイターになれる時代──。

そんななか、「UNIVERSAL MUSIC GROUP(UMG)」「LEGO」が新世代向けのアプリ「LEGO VIDIYO」を開発した!

© LEGO/YouTube

なんとこのアプリ、オリジナルのミュージックビデオが製作できちゃうというのだ。

音楽はUMGの提供する世界中のプレイリストから選択可能。そして、好きな「BeatBits」と呼ばれるLEGOのパーツでステージを組み立て、スマホでスキャンすると、ミュージックビデオのなかでさまざまな特撮効果が現れる仕組み。

ロボットと一緒に踊るのも、自分を主役にすることも可能!

画期的なのは、ミュージックビデオのキャスティング音楽選びディレクションカメラワーク、そしてその共有まで一通り体験できることだ。

この新製品が7歳から10歳までを対象としているのは「音楽と遊びの力を活用して、創造性の早期発達をサポートする」という想いがあるからなのだとか。

アプリに使用できるLEGO製品は3月1日から世界中で順次販売されているので、詳しくはLEGOの公式HPをチェック。

大人向けのアプリもローンチしてほしい!

Top image: © 2020 The LEGO Group
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事