おバカなミュージックビデオ9選。頭をからっぽにしてどうぞ!

せわしない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで腹の底から笑ってリフレッシュしてみませんか?

ではでは、9本一挙にどうぞ!

#01. BEASTIE BOYS
(YOU GOTTA) FIGHT FOR YOUR RIGHT (TO PARTY) 

ファニーでおバカなミュージックビデオといえば、そう、永遠の悪ガキ=ビースティ・ボーイズ!パンキッシュなサウンドとパイ投げでパーティをめちゃくちゃにしていく3人がとにかく痛快です。

#02. Weezer
Pork And Beans

Reference:WeezerVEVO

まもなく発売される新作『PACIFIC DAYDREAM』も待ち遠しい、ウィーザーが2008年に発表したミュージックビデオ。謎のカンフーマスター、155枚ものTシャツの重ね着などなど、ナンセンスなシーンが目白押し。

#03. Electric Six
Gay Bar

Reference:TheArkive

「俺はオマエをゲイバーに連れて行きたいんだ!」と連呼する、とにかく知能指数が低すぎるて爆笑必至。アメリカはデトロイトのパンクバンド=エレクトリック・シックスによる迷作です。

#04. TENACIOUS D
TRIBUTE

Reference:tenaciousDVEVO

俳優のジャック・ブラックとカイル・ガスのバンド、テネイシャス・ディー(Tenacious D)によるコント仕立てのミュージックビデオ。実はこのデビル役を演じているのは、何を隠そうフー・ファイターズのデイヴ・グロール!

#05. OK GO
HERE IT GOES AGAIN

Reference:OKGoVEVO

ユーモラスで斬新なアイデアに満ちたミュージックビデオで毎回話題をさらうオーケー・ゴー(OK GO)。ランニングマシーンの上を巧みに飛び移って歌い踊る4人を見ていると、笑えると同時に感心してしまう力作。

#06. Blur / Parklife

Reference:Blur

1990年代、オアシスと共にブリットポップの一時代を築いたロック・バンド・ブラー。俳優のフィル・ダニエルズを迎えて制作された本作は、英国風のシニカルなユーモア満載(いかんせん英語とイギリス文化に通じていないと伝わらないかも…)。

#07. Bloodhound Gang
The Bad Touch

猿の着ぐるみで下品の限りを尽くすのは、アメリカのオルタナロックバンド・ブラッドハウンド・ギャング。ライブの最中にロシア国旗をパンツに突っ込んで物議を醸すなど、とにかくお騒がせな連中なのです。

#08. blink-182
What's My Age Again?

Reference:blink182VEVO

ブリンク182といえば、この全裸で街を駆け巡るミュージックビデオでご存知の方も多いでしょう。何しろやり過ぎだしパンキッシュで痛快だけれど、良い子はくれぐれもマネしないように…(苦笑)。

#09. FOO FIGHTERS
LEARN TO FLY

Reference:foofightersVEVO

上のテネイシャス・ディーのミュージックビデオにも登場したデイヴ・グロール率いるフー・ファイターズ。メンバーが一人何役もこなしながら機内でドタバタ劇を展開(女装したデイヴがキモかわいい…笑)。この「Learn to Fly」を総勢1,000人で奏でるという壮大なミュージックビデオもあって、壮大すぎて笑えるのでこちらからどうぞ。

※Radio Xのセレクトは10選でしたが公式動画のないものは除外し9選としました。

Reference:Radio X
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
BGVとは何かって?バックグラウンドビデオのことさ!カフェやバーで流れていることもある。映画やミュージックビデオとなんでもよく、音がなくてもいい。ぼんやり...
YUKIのミュージックビデオや、ルミネカードのCM映像などで広く知られるようになった彼女。もう知っている人も多いかもしれませんが、ここでは改めて。かいつま...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
去る7月13日の「International Day of Rock'n'roll」にちなんで、音楽ストリーミングサービス・Spotify(スポティファイ...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
弱冠9歳、小学生の谷口共鳴(ともなり)くんがボーカルを務めるハードコアバンド、チーターズマニアが1stアルバム『チーターズマニア』をリリース。小学生がボー...
てくれるし、哀しいとき、ツラいときにはそっと寄り添ってくれる――。これって少しでも音楽が好きな人なら誰しも経験したことあるのでは?個人的にもナーヴァスなと...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
19歳のJulien Turnerは、アメリカにあるモアハウス大学の学生。勉強がそこそこできる彼は、生物学の講義でも「A」を取得していて優秀な方。留年の心...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...