仕事も音楽も“AI”が奪う?マシーンが奏でるダフト・パンクがなんだか不気味

「AI(人工知能)が人間の仕事を奪う」…そんな言説をよく耳にするようになった。

それまでテクノロジーの進化は僕たちを重労働から解放する一種の“メシア(救世主)”のようなものとして讃えられてきたが、ここにきて脅威として語られているのは、その進化があまりにも急速で、そして手に負えないほど飛躍的向上を果たしているからだ。

卑近なメディア界隈を例に挙げると、すでにアメリカの一部の新聞やWEBメディアではスポーツニュースなどを実際にAIが“執筆”していて、既に実用段階に入っている模様。言うまでもなく、その流れは不可逆だ(大丈夫か、オレ…)。

そして、遂には“音楽”もテクノロジーが奪ってしまう…そんな近未来を予見するような動画を発見。

主演:8台のハードディスク、64台の
フロッピーディスク・ドライブ

いや、実際には“AI”ではなく、プログラミングによってフロッピーディスク・ドライブ、ハードディスク、スキャナーなどのマシーンがDaft Punk(ダフト・パンク)を奏でているのだけれど、感情を持たないはずのマシーンの演奏(厳密には連続した作動音)を聴いていると、妙に不気味な印象を受けてしまうのはなぜだろう?

楽曲が「もっと一生懸命に、より早く、より強く!」と労働を促す「Harder, Better, Faster, Stronger」であることも皮肉という何というか…。

ちなみにこの「The Floppotron」なる“コンピューター・ハードウェア・オーケストラ”を作り上げたのは、ポーランド人のPaweł Zadrożniakさん。Daft Punkの他にもNIRVANAの「Smells Like Teen Spirit」などもチョイスされていて、「次は何が聴きたい?」とリクエストも受付中。

でも、生身の人間が気持ちを込めて奏でる音楽も、やっぱりいいよね。 

Licensed material used with permission by Paweł Zadrożniak
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
音楽史に輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、カート・コバー...
音楽史に燦然と輝くスタンダートナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...