パンク=極右じゃない

パンクにはいろんなイメージがあります。実際にいろんな思想を持ったパンクスがいます。初期のパンクは反体制でしたが、現在のパンクにはナショナリズムの思想を持ったパンクバンドもいます。移民や難民の問題がいろいろとあるヨーロッパでは、そういうバンドが支持されることもあり、パンク=極右というイメージもあります。

前にも『GREAT』という曲のMVを紹介したIDLES(アイドルズ)は、その反対です。彼らは移民をポジティブに捉えているパンクバンドです。『Danny Nedelko』のMVを見ればわかります。

僕はIDLESのこういう姿勢が好きですね。

James/ビデオディレクター(TABI LABO)

子どもの頃からミュージシャンや音楽好きに囲まれて育ちました。音楽に関しては雑食ですが、自分のルーツを挙げるとすれば、70's〜80'sのパンク、ポストパンク、ニューウェイブだと思います。僕自身は1991年生まれだけど(笑)。

ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
タイヤメーカー「ミシュラン」と自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」がタッグを組み、エアレスタイヤ「UPTIS」を開発しました。
Iceageの魅力を他人に説明するなら?まずフェイク感とは無縁だ。彼らの音やスタイルにはリアリティがある。
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
パンクIPAでおなじみのスコットランド生まれのビールメーカー「BrewDog」。彼らの手がけるホテル「The DogHouse」がロンドンにもオープン予定...
彼らのコラボレーションは常にユニークで注目していますが、映像とのケミストリーという意味では『Doorman』がベストです。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
ロックミュージックの多くは労働者階級と密接に結びついていると思う。とくにイギリスはそう。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
2016年11月26日は「Sex Pistols」の楽曲『Anarchy In The UK』のリリース40周年記念日。そのため、イギリスでは年間を通して...
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
弱冠9歳、小学生の谷口共鳴(ともなり)くんがボーカルを務めるハードコアバンド、チーターズマニアが1stアルバム『チーターズマニア』をリリース。小学生がボー...
僕は音楽ファンであり、ビデオディレクターでもあります。だから、MVを見る時は“作り手”としての目線もあります。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Girl Band(ガール・バンド)の『Going Norway』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。