リオン・ブリッジズを知るための13のキーワード【Pulse #003】

"ひとつ星の州" テキサスは、アメリカ音楽史において重要な意味を持つ。カントリーレジェンドのウィリー・ネルソン、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリン、モダンR&Bシンガーのビヨンセにギャングスタ・ラップクルーのUGKなどなど。じつに多彩なアーティストを輩出してきた。

そんなテキサスシーンの現在に目を向けてみると、少々型にハマっている印象がある。聴こえてくるのは、トラップとカントリーばかり。エレクトロニックビーツと消費的なライフスタイルか、アコースティックギターと保守的な労働者階級のライフスタイルかの2択……まあ、これはテキサスに限らず、アメリカ全体のトレンドなのかもしれない。

テキサス州フォートワース出身のリオン・ブリッジズは、他のアーティストたちとはちょっと違う音楽を制作している。

リオンが傾倒しているのはソウルミュージック。

最初のアルバム『Coming Home』での温かい歌声と歌詞は、サム・クックやオーティス・レディングと比較される仕上がりだ。最新アルバム『Good Thing』は、さらに冒険的な内容で、60年代のジャズ、70年代のファンク、80年代のポップス、90年代のネオソウルなどからのインスピレーションが感じられる作品。つまり、彼は単なるレトロな嗜好のアーティストじゃない。過去のジャイアンツたちの下敷きがありつつ、現代のアーティストだ。

それは彼の歌を一聴すればわかる。

アメリカの南部(彼のカラダには「TEXAS」とフォートワースのエリアコード「817」のタトゥーがある)のことを歌おうが、恋愛について歌おうが、家族について歌おうが――つまり、どんなに普遍的なテーマを歌っても、とてもモダンで、他のアーティストにはないパッションを持っている。

今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
Iceageの魅力を他人に説明するなら?まずフェイク感とは無縁だ。彼らの音やスタイルにはリアリティがある。
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
11月20日、レストランやカフェ向けの店内音楽を提供している「PlayNetwork」が、「Apple」と提携して「Apple Music for Bus...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
E.T.とエリオットが37年ぶりに共演する「Xfinity」の新CMが話題を集めている。E.T.が、大人になったエリオットと彼の家族と過ごすクリスマス.....
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
ウォンテッドリー株式会社が、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY...
ヨーロッパの音楽シーンはボーダーレスです。だけど、TOMMY CASH(トミー・キャッシュ)のようなエストニア出身のラッパーというのは珍しい。
僕は音楽ファンであり、ビデオディレクターでもあります。だから、MVを見る時は“作り手”としての目線もあります。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
韓国発の「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」が日本に初上陸。12月より、愛知・名古屋にあるタピオカ専門店「DING TEA 大須観音店」に...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
NYCから来日したメッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファ...
2年前、ユーロヴィジョンの歴史を変えたサルヴァドール・ソブラルにインタビュー。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
NEW ORDER(ニュー・オーダー)は、1981年にデビューした歴史のあるバンドですが、20代の僕も大好きなバンドです。