チャームド✕バフィー✕ゴーストバスターズ!?

MVは短い時間で、どんな世界観を作れるか?というのも大事だと思います。そして、その世界観が、自分の好みだったらバッチリですよね。

そして、Caroline Polachek(キャロライン・ポラチェック)の『So Hot You're Hurting My Feelings』の世界観は、僕の好みです。

イメージとしては、10代の頃に見ていた『チャームド〜魔女3姉妹〜』や『バフィー〜恋する十字架〜』みたいな、マジカルな世界観。おまけに『ゴーストバスターズ』のようなエクトプラズムまで登場するんですよ!

これらの作品のファンは絶対に気に入ると思います。あとは、80's〜90'sのポップスのファンも。

彼女のコリオグラフもとってもユニークでキュートだと思います。

Ben/コラムニスト(TABI LABO)

1992年のロンドン生まれ。最初の音楽の記憶は、お父さんとデヴィッド ボウイとブロンディ、そしてザ・クラッシュが入ったカセットコレクション聴いたこと。だけど、ミュージックビデオは音楽と違う魅力があると思ってます。
いろんなカルチャーについての連載「ベンのトピックス」も読んでみて。

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で、『ゴーストバスターズ』公開35周年記念のイベントが開催中!
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
Iceageの魅力を他人に説明するなら?まずフェイク感とは無縁だ。彼らの音やスタイルにはリアリティがある。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
"ひとつ星の州" テキサスは、アメリカ音楽史において重要な意味を持つ。カントリーレジェンドのウィリー・ネルソン、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリン、モ...
ロックミュージックの多くは労働者階級と密接に結びついていると思う。とくにイギリスはそう。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
NEW ORDER(ニュー・オーダー)は、1981年にデビューした歴史のあるバンドですが、20代の僕も大好きなバンドです。
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
パンクにはいろんなイメージがあります。実際にいろんな思想を持ったパンクスがいます。
僕は音楽ファンであり、ビデオディレクターでもあります。だから、MVを見る時は“作り手”としての目線もあります。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt Thrower』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Lemon Twigs(ザ・レモン・ツイッグス)の『I wanna prove to you』です。
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
サウナ、水風呂は4種類。池袋にできたサウナの楽園「かるまる」を動画で紹介
このビデオにはクリエイティブ・ディレクター、ジョシュ・R・R・キングが関わっています。広告業界では有名な人物です。彼のWEBサイトによると……
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、ROM2計の『one second featuring 小林うてな/DIANA CHIAKI』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Girl Band(ガール・バンド)の『Going Norway』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
彼らのコラボレーションは常にユニークで注目していますが、映像とのケミストリーという意味では『Doorman』がベストです。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Bon Iver(ボン・イヴェール)の『iMi』です。