チャームド✕バフィー✕ゴーストバスターズ!?

MVは短い時間で、どんな世界観を作れるか?というのも大事だと思います。そして、その世界観が、自分の好みだったらバッチリですよね。

そして、Caroline Polachek(キャロライン・ポラチェック)の『So Hot You're Hurting My Feelings』の世界観は、僕の好みです。

イメージとしては、10代の頃に見ていた『チャームド〜魔女3姉妹〜』や『バフィー〜恋する十字架〜』みたいな、マジカルな世界観。おまけに『ゴーストバスターズ』のようなエクトプラズムまで登場するんですよ!

これらの作品のファンは絶対に気に入ると思います。あとは、80's〜90'sのポップスのファンも。

彼女のコリオグラフもとってもユニークでキュートだと思います。

Ben/コラムニスト(TABI LABO)

1992年のロンドン生まれ。最初の音楽の記憶は、お父さんとデヴィッド ボウイとブロンディ、そしてザ・クラッシュが入ったカセットコレクション聴いたこと。だけど、ミュージックビデオは音楽と違う魅力があると思ってます。
いろんなカルチャーについての連載「ベンのトピックス」も読んでみて。

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で、『ゴーストバスターズ』公開35周年記念のイベントが開催中!
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
Iceageの魅力を他人に説明するなら?まずフェイク感とは無縁だ。彼らの音やスタイルにはリアリティがある。
他店にはマネできないドムドムの独創的なバーガー。日の目を見ることなく“ボツ”となってしまった商品化NGバーガーに焦点をあてる。
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
"ひとつ星の州" テキサスは、アメリカ音楽史において重要な意味を持つ。カントリーレジェンドのウィリー・ネルソン、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリン、モ...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt Thrower』です。
このビデオにはクリエイティブ・ディレクター、ジョシュ・R・R・キングが関わっています。広告業界では有名な人物です。彼のWEBサイトによると……
今年6月、渋谷の「宮下公園」が「MIYASHITA PARK」となって復活。スケート場やボルダリングウォールに加え、サンドコート仕様の多目的スペースや芝生...
パンクにはいろんなイメージがあります。実際にいろんな思想を持ったパンクスがいます。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Battlesの『My Machines ft. Gary Numan』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
ヴァージル アブローとコラボレーションをした「エビアン スペシャルボックス ヴァージル アブロー」が販売中だ。日本ではバーニーズ ニューヨーク限定で、70...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
僕は音楽ファンであり、ビデオディレクターでもあります。だから、MVを見る時は“作り手”としての目線もあります。
ロックミュージックの多くは労働者階級と密接に結びついていると思う。とくにイギリスはそう。
彼らのコラボレーションは常にユニークで注目していますが、映像とのケミストリーという意味では『Doorman』がベストです。
NEW ORDER(ニュー・オーダー)は、1981年にデビューした歴史のあるバンドですが、20代の僕も大好きなバンドです。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、ROM2計の『one second featuring 小林うてな/DIANA CHIAKI』です。