Pulse #002 ー「CHVRCHES」ー

TABI LABOの読者のみなさん、Pulseにおかえりなさい!

久しぶりなので(前回の記事はコチラ)、もう一度Pulseの紹介をしますね。

Pulseは、ハードコアな音楽ファンからたまに音楽を聴く人まで。誰もが音楽アーティストとバンドを理解できるようになるビデオシリーズです。

© 2019 TABI LABO

今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。

メンバーはローレン(ボーカリスト)、マーティン(ボーカリスト、シンセサイザー、サンプラー)とイアン(バッキング・ボーカリスト、ギター、ベース)。

もともとマーティンとイアンは、グラスゴーのストラスクライド大学で音楽を勉強していました。CHVRCHES結成のきっかけは、イアンがローレンのバンドのレコーディングを担当したこと。

そう、CHVRCHESは彼らのサイドプロジェクトとして生まれました。当初は、自作の曲をインターネットで発表するだけのプロジェクトだったのが、想像以上のリアクションからデビューへ。

最初のEP『Recover』と1stアルバム『The Bones of What You Believe』が大ヒット。本人たちも驚くほど短期間でオルタナティブなポップスターになりました。

CHVRCHESの音楽は、UKのシンセ・ポップ(例えば、デペッシュ・モード、ユーリズミックスなど) の影響がみられます。イアンとマーティンが作るサウンドやメロディはダンサブルでポップ。ローレンのハイピッチな歌声もとっても耳馴染みがいいです。だけど、歌われているのはディープな感情やポリティカルな内容もあります。

© Masanori Naruse

この2月28日と3月1日には、水曜日のカンパネラのコムアイをサポートアクトに迎えて、東京の豊洲ピットでライブを開催(今年の夏のSUMMER SONICに出演予定があるよ!)。

このインタビューはそのライブの前に撮影したものです。

最新アルバムもすごくいいです!

CHVRCHESの最新アルバムは昨年リリースの3rd『Love is Dead』。2年連続でグラミーの「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したグレッグ・カースティンがプロデュースを担当した作品は、これまでで一番ポップではじめて聴く人でも楽しめるはず。

オススメです!

他の記事を見る
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれたちが、そん...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
5月11日、12日に開催される「EDC Japan 2019」について主催の「インソムニアック」CEO・パスカーレ氏が語る!
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
いくら暦の上で夏が過ぎても、肌が強烈な紫外線にさらされることには変わりありません。そんな日は、イギリスの名物「サマープディング」で、肌へのダメージ回復に努...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
それでも、夢がある、自己嫌悪もある、承認欲求もある!
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...