Pulse #002 ー「CHVRCHES」ー

TABI LABOの読者のみなさん、Pulseにおかえりなさい!

久しぶりなので(前回の記事はコチラ)、もう一度Pulseの紹介をしますね。

Pulseは、ハードコアな音楽ファンからたまに音楽を聴く人まで。誰もが音楽アーティストとバンドを理解できるようになるビデオシリーズです。

© 2019 TABI LABO

今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。

メンバーはローレン(ボーカリスト)、マーティン(ボーカリスト、シンセサイザー、サンプラー)とイアン(バッキング・ボーカリスト、ギター、ベース)。

もともとマーティンとイアンは、グラスゴーのストラスクライド大学で音楽を勉強していました。CHVRCHES結成のきっかけは、イアンがローレンのバンドのレコーディングを担当したこと。

そう、CHVRCHESは彼らのサイドプロジェクトとして生まれました。当初は、自作の曲をインターネットで発表するだけのプロジェクトだったのが、想像以上のリアクションからデビューへ。

最初のEP『Recover』と1stアルバム『The Bones of What You Believe』が大ヒット。本人たちも驚くほど短期間でオルタナティブなポップスターになりました。

CHVRCHESの音楽は、UKのシンセ・ポップ(例えば、デペッシュ・モード、ユーリズミックスなど) の影響がみられます。イアンとマーティンが作るサウンドやメロディはダンサブルでポップ。ローレンのハイピッチな歌声もとっても耳馴染みがいいです。だけど、歌われているのはディープな感情やポリティカルな内容もあります。

© Masanori Naruse

この2月28日と3月1日には、水曜日のカンパネラのコムアイをサポートアクトに迎えて、東京の豊洲ピットでライブを開催(今年の夏のSUMMER SONICに出演予定があるよ!)。

このインタビューはそのライブの前に撮影したものです。

最新アルバムもすごくいいです!

CHVRCHESの最新アルバムは昨年リリースの3rd『Love is Dead』。2年連続でグラミーの「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したグレッグ・カースティンがプロデュースを担当した作品は、これまでで一番ポップではじめて聴く人でも楽しめるはず。

オススメです!

Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
"ひとつ星の州" テキサスは、アメリカ音楽史において重要な意味を持つ。カントリーレジェンドのウィリー・ネルソン、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリン、モ...
年末年始の賑やかな場にお似合いなビールが先週12月2日から発売されている。クラフトビールメーカーサンクトガーレンの「水引飾り付き お正月限定 一升瓶ビール」だ。
Iceageの魅力を他人に説明するなら?まずフェイク感とは無縁だ。彼らの音やスタイルにはリアリティがある。
10月18日、Floating Points(フローティング・ポインツ)のニューアルバム『Crush』が発売された。サミュエル・シェパードがクリエイトする...
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
ヨーロッパの音楽シーンはボーダーレスです。だけど、TOMMY CASH(トミー・キャッシュ)のようなエストニア出身のラッパーというのは珍しい。
各劇場スタッフがオススメする飲食店や書店、フワラーショップなど映画鑑賞前後の立ち寄りスポットが記されている。Bunkamuraル・シネマ、アップリンク渋谷...
このビデオにはクリエイティブ・ディレクター、ジョシュ・R・R・キングが関わっています。広告業界では有名な人物です。彼のWEBサイトによると……
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
11月20日、レストランやカフェ向けの店内音楽を提供している「PlayNetwork」が、「Apple」と提携して「Apple Music for Bus...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれたちが、そん...
12月10日、有給休暇をテーマとしたイベント「有給浄化」が大阪の複合施設「なんばスカイオ」にて開催。使われなかった有給を供養することによって、日本人の有給...
「LOVOT」と「ウェスティンホテル東京」の最高ランクスイートルーム「インペリアルスイート」でクリスマスを共に過ごす特別プランをプレゼント!
ロックミュージックの多くは労働者階級と密接に結びついていると思う。とくにイギリスはそう。
コラムニストのべンです!今回はラッパーA$AP Rockyのクールなリベンジについて紹介します。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
ウォンテッドリー株式会社が、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?