「イギリス労働者階級のリアル」IDLESのGREAT

ロックミュージックの多くは労働者階級と密接に結びついていると思う。とくにイギリスはそう。

IDLES(アイドルズ)はブリストルのパンクバンドです。彼らの曲も労働者階級の生活がひとつのテーマになっています。

それがよくわかるのが『GREAT』のMVです。

日本人からすると、よくあるライブハウスでバンドが演奏しているシーンをメインにした特徴の少ないビデオに見えるかもしれません。実際に、TABI LABOのメンバーは僕がこのビデオを選んだことが不思議だったみたい(笑)。

だけど、イギリス人である僕からすると、このビデオはとてもリアルです。

IDLESが演奏しているステージは、Working men's clubそのものです(Working men's clubはストリッパーが出演するようなクラブ、労働者階級の男たちが週末に奥さんの目を盗んでいくような場所です)。

そのほかのシーンで登場する場所もサッチャー時代に建てられた公共住宅やサッカーのスタジアム、最近日本で流行しているようなカフェが併設されているようなものとはまったく違うコインランドリーなど、とてもリアリティを感じます。ボーカルのジョー・タルボットのファッションもそうです。

知っての通り、現在イギリスではブレクジットに関することで、いろいろと混乱しています。IDLESがテーマにしているイギリスの労働者階級の人たちは、その中心にいます。

そういう視点でこのビデオを見てみると、IDLESというバンドのパンクスピリットがより理解できると思います。

James/ビデオディレクター(TABI LABO)

子どもの頃からミュージシャンや音楽好きに囲まれて育ちました。音楽に関しては雑食ですが、自分のルーツを挙げるとすれば、70's〜80'sのパンク、ポストパンク、ニューウェイブだと思います。僕自身は1991年生まれだけど(笑)。

パンクにはいろんなイメージがあります。実際にいろんな思想を持ったパンクスがいます。
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
フレッドペリーというブランドについて、多くの人が思い浮かべるのは、イギリスとテニスでしょう。その通りです。
17歳起業家が作ったアプリ「ATi-COTi(アチコチ)」は、「動画版食べログ」とも言える全く新しいサービス。アプリ内では、全国のさまざまなご当地グルメを...
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
The Great Burgerのオーナー「車田篤」。ハンバーガーショップの他に5店舗の直営店を手がけ、国内の7店舗とアメリカの1店舗をプロデュース。経営...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...