外国人にはこう見える!?典型的な「11の日本人労働者」たち

Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類できるは日本くらいなものだとか。外国人から見ると、私たちの働き方はこんな具合に見えているそうですよ。

01.
陽当たりいい席なのに
社内では日の目を見ない
(窓ぎわ族)

working at home

文字通り、窓際に席を陣取り“窓に向かって祈る”人々。社内で冷遇され始めると、この場所に席を移動させられるようだ。彼らに課せられた任務はほぼなく、どうでもいいようなデスクワーク中心に日々を過ごすことになる。日本のオフィスレイアウトは非常にタイト。机を合わせる格好で作業にあたるため、窓ぎわ族だけがぽつんと孤立して見えるのだろう。
これまで日本の習慣では、解雇が当たり前ではなかったため、窓ぎわ族の多くはベテラン社員だ。日当たりのいい場所に移動させられることは、すなわち会社から“三行半”を突きつけられている証拠とも言えるだろう。ただし、これも過去の習慣となりつつある。高層ビルにオフィスを構える現在の日本企業では、見晴らしのいい窓際を希望する社員も増えているようだ。

02.
ウトウトするのには
意味があった…
(居眠り族)

これは、とても日本人らしく興味深い行動のひとつ。仕事中、社員が本当に寝ているのではなく、寝た“フリ”をしているのだ。何のために?たぬき寝入りは、社員から上司への“忙しすぎるアピール”なのだ。寝たふり(うとうとしては起きる)をすることで、色場でも自宅でもハードワークしていることを演じるためのパフォーマンスと思っていい。このニセ居眠り社員たちの行動には、「見られてはいけない」の裏に「見て欲しい」が込められている。

03.
制服が外国人にはこう見える?
(ドブネズミ族)

_000068134553_Medium

この用語は、代わり映えしない退屈な衣装に身を包んで作業する、社員たちを揶揄する表現だ。彼らはどこにでもいて、まるで本物のラットレースのように一様に作業をこなしていく。

04.
現状維持に甘んじる
(ほどほど族)

「ほどほど」とは、現状維持やそのままを表現する用語。たとえばミーティングの場で、まだまだ煮詰めていけばいい結論が見いだせるとことを、ほどほど族は現状維持で満足させていしまう、可もなく不可もない社員。情熱の全てを仕事に傾けなくても済んでしまうため、確かにスマートな働き方ではある。だが、当然ながら仕事上重要な存在にはならず、まだできるのにそれをしない期待値の低い人々とも言えるだろう。

05.
小さな枠の内で
肩寄せあい、スパ〜ッ
(ホタル族)

_000014963951_Medium

生活の中で唯一、明かりを灯すのがこのタバコの火。会社内でも喫煙エリアを制限された愛煙家たちが、肩を寄せあうようにしてタバコを吸っている。

06.
デキるビジネスマンたち
(エリート集団)

企業の中でも秀でたビジネスマンがいる。彼らの活力源は、酒を飲みそして寝ること。こうして24時間365日フル回転して、あくせく働いている。彼らのバックグラウンドはエリート校。若いうちから、社会的プレッシャーの中で生き抜く術を身につけているのだろう。ただ、人生の多くを仕事に費やし、体や精神を壊すこともしばしばあるようだ。

07.
過去の栄光に
いつまでもしがみつく
(濡れ落ち葉族)

000066064939_Medium

学生時代や昔の成功談など、過去の栄光にいつまでもしがみつき現実逃避をする社員を指す用語。前述のサラリーマンから転落すると、待っているのはこの“濡れ落ち葉”だ。

08.
出世のためなら
なりふり構わず
(ごますり族)

彼らを実際に目の前にすれば、誰だって否定することは難しい。身振りや言葉の裏に本音を隠して、出世のために頭を下げることができる人々。彼らには、陰で足を引っ張る人間たちとオーバーラップする部分がある。

09.
人の噂話しで一喜一憂
(ちっちゃい人間)

smile business team

人間としての器や度量の小ささを比喩した用語だが、そのまま“ちっちゃい人間”と表現するようだ。噂を広めることに躍起になるようなゴシップ好きはウサギの耳にも例えられる。

10.
飼い犬に手を噛まれる!?
(裏切り者)

飼い犬に手を噛まれるとはまさにこのこと。怒りを直接的には表現しない日本人には典型的なこの性格が、企業文化の中にも深く根付いているといえよう。

11.
体制に反抗するヒッピー?
(フリーター)

_000067894497_Medium

「フリーランス」と「アルバイト」を掛け合わせた日本の造語。このフリーターに属する人々(特に若者が多い)は、体制的な文化に反抗するいわばヒッピー的な要素を持つ労働者だ。反面、怠け者だったり、卒業後に定職につかず(もしくはつけず)に自分のやりたいことを見つけるまでの間の、一時的なアルバイトをする人々も指す。フリーターの一部は、独立せずに両親と暮らしていることが多いようだ。


と、ここまでが記事の内容。いささか脚色しすぎだったり、誤解と思える表現からもエンタメ色が強いのは百も承知。それにしても、純粋に外国人がオフィスを覗いたら、きっとこうした人々が印象強く映るのではないでしょうか?

Licensed material used with permission by Japan Info

人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
もう、何度もこういう写真を見ている。そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...