日本人も観るべき!?11/19から一般公開「日本のトイレの使い方」動画

本日11月19日、NPO法人「日本トイレ研究所」が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、訪日外国人に向けたトイレの使い方動画「The robot toilets in japan 」の公開を開始した。

今秋のラグビーW杯では、試合のレポートと共に「日本のトイレは世界チャンピオン」(フランスの放送局「フランスアンファ」電子版)など、各国のメディアは日本の独自の進化を遂げたトイレ技術や清潔さを世界に発信。

一方、米国CNNは「英語やそのほかの言語での説明がない」「使い方がわからない」「(高機能すぎて)使いこなせない」といった、外国人が抱える日本のトイレに対する印象を列挙し、「ハイテク仕様のトイレを怖がらないように」とのメッセージを配信した。

そんな状況を受け、日本トイレ研究所は、訪日外国人に日本のトイレの機能と正しい使い方を知ってもらうのと同時に、今後、外国人への対応の機会が増える日本人に向けて、観せるだけで理解を得られるように本動画を作成したとのこと。

また、オウンドメディア「TOILET MAGAZINE(トイレマガジン)」も立ち上げ、定期的にトイレ・排泄に関する情報を発信していくとのことなので、そちらもお楽しみに。

『TOILET MAGAZINE(トイレマガジン)』
http://toilet-magazine.jp/

Top image: © 特定非営利活動法人 日本トイレ研究所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」により、2021年夏までに渋谷区内17ヵ所の公園トイレが生まれ変わる。
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...