ひたすらニューヨークの街の「トイレ」を集めるInstagramがおもしろい

海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のようなウォシュレットはなかったりと、お国柄やカルチャーが色濃く反映される場所のようです。

Instagramの匿名アカウント「@NYCtoilets」では、ニューヨークのトイレをひたすら投稿し、さらにrating(評価)までしているんです。

ニューヨークの街の特徴はその多様性にあるといいますが、トイレもまた然り、でした。

「ベスト・トイレ」は
Googleのオフィス?

モダンなデザインのこちらの男子用トイレは、Googleのオフィスのもの。つけたレートは4!

同じニューヨークでも
この違い

見るからに汚いこちらのトイレは、MLBニューヨーク・メッツの本拠地「Shea Stadium」のもの。

意外にも個性が出る
トイレたち

そもそもこのInstagramは、ブルックリン在住のある男性が始めたもの。匿名希望の彼は、サンフランシスコの友人から、 Snapchatでいろんなトイレを5段階でratingしている動画を送ってもらったのをきっかけに、この企画を思いついたのだとか。

トイレの画像、まだまだあります。こちらはごく普通のトイレ…と思いきや、上の方に「従業員は必ず手を洗わなければいけない」の一文が。そんな警告があると、逆にちゃんと手が洗われているのか不安になってきます。

こちらは、中に黒板があるトイレ。つい掲示板みたいにやりとりしちゃう?

「ゲイ、ストレート、トランス、男、女、誰でも、トランプ以外なら」

トイレといえば
落書き?

「ニューヨークのトイレ」と聞いて、こういった落書きのトイレをイメージした人も多いかもしれません。

「役立たずは卒業して、ピザになろうよ」

思わぬアートが見つかる
時もある

アカウントオーナーに「この企画をやってみて、気づいたことはある?」と尋ねたところ、こう答えてくれました。

「思いもよらない場所で、アートを見つけることがあるって気づいたよ」と。

ドーナツを食べている人がいたり。

「Sit down(座りなよ)」とかけて、「Shit down(大きいの出しなよ)」。

「あなたが信じているからってだけで、それが真実になるわけじゃないんだよ」と意味深な書き込みを見つけたり。

用を足すことだけ考えていると、あまりよく見ないで済ませてしまいそうですが、確かにいろいろ見回してみれば、そこここにアートが潜んでいるのかもしれません。

これらがすべてニューヨークにあるというんだから、その多様性には驚かされますね。

Instagramでは、さらに詳しく、場所とコメント入りで紹介されています。「NYのトイレツアー」なんていうのも、意外に面白いかも。

Licensed material used with permission by NYC Toilets
あこがれの街。
ニューヨークの日本人街であるイーストビレッジにお店を構える「mochii」は、大福の生地で包んだアイスを提供しています。
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
4月からの新生活で、慣れ親しんだ街を離れることになってしまった人も多いはず。「Elite Daily」のライターSarah Coleさんは、26歳のときに...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...