ひたすらニューヨークの街の「トイレ」を集めるInstagramがおもしろい

海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のようなウォシュレットはなかったりと、お国柄やカルチャーが色濃く反映される場所のようです。

Instagramの匿名アカウント「@NYCtoilets」では、ニューヨークのトイレをひたすら投稿し、さらにrating(評価)までしているんです。

ニューヨークの街の特徴はその多様性にあるといいますが、トイレもまた然り、でした。

「ベスト・トイレ」は
Googleのオフィス?

モダンなデザインのこちらの男子用トイレは、Googleのオフィスのもの。つけたレートは4!

同じニューヨークでも
この違い

見るからに汚いこちらのトイレは、MLBニューヨーク・メッツの本拠地「Shea Stadium」のもの。

意外にも個性が出る
トイレたち

そもそもこのInstagramは、ブルックリン在住のある男性が始めたもの。匿名希望の彼は、サンフランシスコの友人から、 Snapchatでいろんなトイレを5段階でratingしている動画を送ってもらったのをきっかけに、この企画を思いついたのだとか。

トイレの画像、まだまだあります。こちらはごく普通のトイレ…と思いきや、上の方に「従業員は必ず手を洗わなければいけない」の一文が。そんな警告があると、逆にちゃんと手が洗われているのか不安になってきます。

こちらは、中に黒板があるトイレ。つい掲示板みたいにやりとりしちゃう?

「ゲイ、ストレート、トランス、男、女、誰でも、トランプ以外なら」

トイレといえば
落書き?

「ニューヨークのトイレ」と聞いて、こういった落書きのトイレをイメージした人も多いかもしれません。

「役立たずは卒業して、ピザになろうよ」

思わぬアートが見つかる
時もある

アカウントオーナーに「この企画をやってみて、気づいたことはある?」と尋ねたところ、こう答えてくれました。

「思いもよらない場所で、アートを見つけることがあるって気づいたよ」と。

ドーナツを食べている人がいたり。

「Sit down(座りなよ)」とかけて、「Shit down(大きいの出しなよ)」。

「あなたが信じているからってだけで、それが真実になるわけじゃないんだよ」と意味深な書き込みを見つけたり。

用を足すことだけ考えていると、あまりよく見ないで済ませてしまいそうですが、確かにいろいろ見回してみれば、そこここにアートが潜んでいるのかもしれません。

これらがすべてニューヨークにあるというんだから、その多様性には驚かされますね。

Instagramでは、さらに詳しく、場所とコメント入りで紹介されています。「NYのトイレツアー」なんていうのも、意外に面白いかも。

Licensed material used with permission by NYC Toilets
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
フォトグラファー夫婦James MurrayさんとKarla Murrayさんは、ニューヨークシティを中心に、いろんなお店を真っ正面から撮影しています。
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
ニューヨークの日本人街であるイーストビレッジにお店を構える「mochii」は、大福の生地で包んだアイスを提供しています。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
あこがれの街。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレはの夢は...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。