ひたすら「そうめん」なInstagramが、見ていてなんだか癒される…

おもちみたいな練り物みたいな。そんな白い物体に350以上のいいねがついているInstagram写真を見つけた。

「これなんだ?そして何者だ…」

単純に気になった。トップページへとんでいってみると、投稿主は香川県の小豆島で100年以上手延べそうめんをつくり続けている「マルカツ製麺所」さん。Instagramには、ほぼ毎日、丁寧なコメントとともにこだわり手延べそうめんの製法がUPされている。

フォロワーは4,600人超。きっと、私を含め、みんながみんなそうめんに詳しいわけではないんだと思う。でも、UPされた写真たちを見ていると、なんとなく、こんなにもファンが多い理由がわかるような気がする。

垣間見えるのは
いつも「真心」

これが、最初に見つけた“白い物体”の写真。

はじめて目の当たりにしたとき、正体が何か分からないながらに美しさを感じた。

いたぎの時の麺の状態です。

いたぎは麺の分厚さを徐々に薄くしていく工程で、次の工程で求められる薄さになるまで行います。

ここで薄くしすぎると、麺の状態が悪くなってしまいますし、厚すぎると綺麗にそうめんが作れません。

生地の状態をみながら、その工程をこなしていきます。

そうめんは奥深いです。

 

 ほかにもいくつか紹介する。

そうめんの切れ端であるふしです。

クルッと丸まって可愛いふしですが、グルテンが豊富でなんとも心地よい噛み応えなのです。

そうめんも美味しいですが、このような少し変化があるふしも味わい深いです。

どんな形でもそうめんはいいですね。

 

不思議な形をしています。

このようにそうめんをたくさんの白いコマにかけることで、太さを均一に伸ばしていきます。

時間が進むにつれて、見た目の形も変わっていきます。

まるでそうめんのあやとりのようですね。

 

そうめんにごま油を塗っているところです。

小豆島特有のごま油を、マルカツ製麺所は使用しています。

ごま油を塗る作業一つでも、塗りすぎてはダメ、少なすぎてもダメと注意が必要です。

ちなみに、そうめん自体の色が少し黄色いのは、ごま油の色です。綺麗ですね。

 

親子一子相伝。
そうめんと向き合う日々

親子一子相伝で、そうめんの製作技術を受け継いでいます。

その背中から学ぶことは、技術だけではなく、取り組む姿勢や気持ちなど精神面のことも学びが多いです。

僕も、そういった色々なことを次の世代に伝えられるように、頑張ります。

 

こちらが一連の写真の投稿主の三木政人さん。

この日のコメントでは、そうめんに向き合う姿勢が語られていた。

そうめんを作り続ける毎日を経て、そうめんのことが少しづつわかるようになってきました。

朝外に出た時に、「今日はこのくらいの湿度だから、このくらいの乾燥時間にしよう」と思い描けるようになりました。

ですがまだまだ細かいコミュニケーションは難しいと感じます。

常に向上心を絶やさず、そうめんと向き合っていきたいです。

100年以上つづく「マルカツ製麺所」。毎日、毎月、毎年、写真にあるような「細かな積み重ね」を代々続けることで、気づけば100年が経っていたんだとか。毎日同じ作業、工程を繰り返す。けれど、ひとつひとつに意味と奥深さがあり、決して飽きることはないという。

 

めったに目の当たりにする機会がない、そうめん屋さんの日常。

そして、つくられるそうめんは美しい…。

けれど、Instagramから伝わってくるものは決してそれだけではない。きっと4,600人のフォロワーさんたちの多くも、「マルカツ製麺所」さんの丁寧さ、そして、真摯さを、教訓というと言い過ぎかもしれないが、それに近しいものとして感じとっていたりするのではないだろうか。

Licensed material used with permission by marukatsuseimen, マルカツ製麺所
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
そうめんと冷麦。どちらも暑い夏のお供として馴染みのある食べ物ですよね。でも、その違いを実はイマイチ理解していない…そんな人のために、これらの特徴をまとめて...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。『HOME M...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
いろんなストーリーが浮かんできます。
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...