食べて・旅して・アップして。女子旅のお手本にしたい「美味しい」インスタアカウント

食べて・旅して・アップして。世界中を旅しながら、各地を代表する味覚に出会い、写真に撮って美味しくいただく。まるで女子旅のお手本のようなインスタグラマーGirl Eat Worldさん。フォロワー数24万人を超える彼女の人気アカウントから、美味しい旅をご紹介。空腹の人、音もれ注意ですよ〜!


「美味しそう」が止まらない!

3b5cb2aa98c273068526145a126f453a41152fbc

まずは、girleatworldさんがこの企画を続けているなかで、「最もおしゃれなアイスクリームだった」と表現するマルタのフローズンヨーグルト。トッピングが絶妙!

40b88e08966a99431a0c2285f36215c3f25dcffd

地中海の中でもトップクラスの透明度を誇る、こちらもマルタ・コミノ島。ブルーラグーンの海の色そのままの、こちらはココナッツフレーバーソフトだそう。

魅惑のガトー
パリ

3fcf6e683be9d47b0635488b3f214ff7706b7258

セーヌ川のほとり、その奥に霞むエッフェル塔。「これぞパリ!」なロケーションでイチゴのタルトをパシャ。

D23cfa379f369d8cadb6ca13153c8224957ae1e2

モンマルトルの丘の上、サクレ・クール寺院に向けてマカロンを掲げてみました。

アジアの食都
香港

D4459aae73b8983376b6c962779f98a6b579f387

ビクトリアピーク山頂から、香港の街を一望していただくのは港式メロンパン「Bolo Bao(菠蘿包)」。

F1ec639da3273748237be33225014d9811ac5226

地下鉄旺角(モンコック)駅そばのフードスタンド。お店おすすめの冷麺をビニールバッグに入れてテイクアウト。これなら歩きながら食べられる!?

カタチは似ている?
イギリス

2ac4737c4cbb37eb590060f38be519290e675af2

紀元前2000年〜3000年にさかのぼると言われるストーン・ヘンジ。だからというわけではないでしょうが、無骨な形がどことなく似ているチョコブラウニーを片手に。

丸ものづくしで
ニッポン

2466515e1cb600595b05007d4de3ac6931af1ea3

三色の花見団子越しに望む富士山。

Fd808bc8c457278d4e57e3f880bd328e5540a678

東京のKAWAIIのシンボル!?渋谷スクランブル交差点とキティちゃんを象ったドーナツのビジュアルに、じつに1万4,000いいねが付いています。

905c906b417280264da9a7731a9ec4317833d769

お祭り気分を味わいながらたこ焼きに舌つづみ。

おしゃれ美味い!
オランダ・ベルギー

Daeedc6af3b9dd1a9423a75c88e2ac1fdc81f54c

オランダ、ユトレヒトの川沿いで。マヨネーズにディップしながら食べるポテト。

6c9b2f60771d90c3078cad444e5acad4662dca14

そういえば、ゴディバはベルキーのチョコレート会社。本場の食べ方はこんなにおしゃれなんですね。フレッシュなイチゴをチョコレートでコーティング。グラン・パラス前広場(ブリュッセル)で。

熱帯アジアはこうでなくちゃ!
ベトナム・ペナン
・インドネシア

Ac19df9b85bb3f6ae82782a352f0671e26057bf1

ホーチミンのマーケット、出店に座って食べるフレッシュハーブ満載の生春巻き。これは、間違いなく美味しいやつだ!

7ff289276afdb107fc911c00f9cecc3c334becb1

ペナンを代表する遺跡エリアには、まんまるかき氷があるんだそう。

2a93c895ba96077f12705118e9aedf70d14e80f3

バリ島ウブド。熱帯モンスーンを感じながら飲む、フレッシュなココナツジュース。

その場にいれば、
なぜか欲しくなるんだよね
インド

B25bd0cd920fb1ee488aa5ef7427629405ba4ffa

タージ・マハルの真ん前で。インドを代表する薄焼きパンのパラータとともに。

7123ada4d1181f31ad7a75d9df21be1a118abf60

ヒマラヤ山脈を望む北インド。山の上でかじるキャラメルヌガーチョコレート。

定番からエキゾチックまで
中国

000ec7574b446fff530aa814b9eb81b087dd2469

世界遺産、八達嶺・万里の長城をバックに手にするのは、中国のソウルフードのひとつ饅頭。

F9ddce9d7bde4b9a4e43b506be0f6ee689bc0300

北京を代表する繁華街・王府井には屋台がいっぱい。手にしているのは水アメにからめた山査子(さんざし)の実。

942a1c4a17caefd78f681ec3572b4f2780a9a3a2

北京で人気(?)の地元ファストフード店「ドンキー・バーガー」。その名の通り、パテはロバの肉なんだとか。

グレートネイチャー
オーストラリア

533c16d387fc02ed6743a80fb403f1ce4e92edb8

シドニー・オペラハウス前の公園で食べるフィッシュ&チップス。

6c2b0e48048a9839bb0ca707176fb62d592628b3

大自然が育んだオーストラリア産シャルドネを入れたグラスに、逆さに映るエアーズロック(ウルル)。こんなすてきな乾杯、うらやましすぎる〜!

やっぱり、これでしょ!
イタリア

Af0e1293019267fe2ca8c8fffa414287d3fbe17e

ミラノのドゥオモ前ではやっぱり、ジェラートですよね。

定番中の定番
ニューヨーク&ハワイ

35076c30b81a4c6a309bb1b7715d6d32d13b3569

ドイツ発祥のプレッツェルは、すでにアメリカでも市民権を得た定番スナック。ブルックリン橋の上でがぶりっ。

7140ae89ebf282d24c13a3d36dbee9ffde9291bf

ハワイからは、人気店「Leonand's」のマラサダ。

色合いも大切。
ギリシャ

Ee737edc65a7ba92804f0fe67addd51e855f4f06

なんでも、アテネに暮らす人々が毎朝食べるのがこのリング状のごまパンだとか。

422afbd6976cc8bfcf7cac7e2e2bfb32c88e9355

最後はサントリーニ島の美しい街並みを背景に、ストロベリーダイキリのコントラストが…も〜う、これはズルい!

Licensed material used with permission by @girleatworld
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「オンリー・ミー」なインスタアカウントを紹介します
旅には、人生が凝縮されています。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!