見るとお腹が空く
「アフリカ料理」のInstagramアカウント

突然ですが、アフリカ料理と聞いてどんなイメージをしますか?想像もつかないという人も多いのではないでしょうか。よく知らないと、街中でレストランを見かけても、ただ通り過ぎるだけ……。

でも、そんなアフリカ料理を並べたInstagramのアカウントがあるんです。

彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きることがありません。それより、「これ何?見たことない」とついクリックして、料理の詳細を読んでしまうことも。それこそが運営側の狙いかもしれませんが、楽しく観覧できるのは間違いありません。

アカウントは、調理用のソースなどを生産・販売している「Kitchens of Africa」によるもの。

リンクのある公式WEBサイトに飛ぶと、家庭でも作れるようレシピが公開されています。トライしてみると、自宅の食卓がいつもより少し豊かになるかもしれません。

Top image: © Kitchens of Africa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
「Instagram」のアップデートにより、プロフィールやストーリーズから料理の注文が可能に。利用者も飲食店の情報をシェアすることで、その店のサポートでき...
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
「Afternoon Tea LIVING」は、未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグを再生利用したエコバッグを公式オンラインショップにて数量限定で発売。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
「オンリー・ミー」なInstagramアカウントを紹介します
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
もう、タイトルの通りです。Sandro GiordanoさんのInstagramアカウントには、派手に転倒した様子をおさめた写真がたくさん投稿されています...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...