アフリカで「オレンジ色のさつまいも」が注目されている!

だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。

ところで、いまアフリカではオレンジ色のさつまいもが注目されているみたいですよ。一体どんな品種なのでしょうか。

カロテンが豊富で、
ビタミンAが沢山とれる!

そう、注目すべきは栄養素。なんでも、このさつまいもが普及すれば栄養不足に苦しむ子どもたちの死亡率を大幅に下げられると言われているのです。

GOOD FOOD」によると、アフリカでは免疫などに関わるビタミンAの不足が問題視されており、サプリメントを子どもたちに配るだけでもその死亡率を25%は低減できるのではないかと考えられていたそう。

ただ、それにはお金がかかります。そこで問題解決に取り組んだのが、インターナショナル・ポテト・センター(CIP)の研究者たち。主食の栄養価を底上げしようと、栄養素の豊富な作物を普及できるように努めました。

そこで、白や黄色といったさつまいもが食べられていた地域に、鉄分や亜鉛が多く含まれる豆類や米、小麦、トウジンビエ、キャッサバのほか、体内でビタミンAに変換されるβカロテンが多く含まれた「オレンジ色のさつまいも」を、40ヶ国にわたって栽培したのです。

World Food Prize 2016」によれば、その結果1000万人もの人々に新たな作物が行き届くようになり、今後10年でさらに1億人へと普及するとも。

むらさき芋だけじゃない!
彩り豊かなさつまいも。

さて、このオレンジ芋。日本でもアヤコマチという品種などが食べられます。むらさき芋は食べる機会がよくあれど、食べたことがない人も多いのでは?ポテトサラダやフライと、いつもの料理の彩りを変えてみると新鮮かも!試してみてね。

他の記事を見る
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
鬼の金棒のようにゴツゴツとしたその見た目。東海地方出身の人には定番中の定番のこのお菓子。ゴロッとダイス状にカットしたさつまいもと、ふかふかの生地がおいしい...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになっ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...