史上初・テレビゲーム予告動画が、アカデミー賞ノミネート資格を獲得

バクテリア、昆虫、ウシ、ヤギ、植物、星、そして銀河。

この世に存在するありとあらゆるものになれるシミュレーションゲーム「Everything」。その予告編映像が、ゲーム史上初、アカデミー賞へのノミネート資格を獲得しました。

銀河の気分まで
味わえる

ゲーム界初の快挙に、今回制作に携わったアイルランドのアーティスト・David OReilly氏もTwitterで喜びを表現。

「Everything」には、決まったストーリーやクリア条件はありません。「万物になれる」こと以外何も決まっていないという、あまりに自由度の高いゲームです。

クマから始まり、てんとう虫、細胞、植物…そして銀河と、約11分の間に次々と視点が変わっていくこの映像。

どう捉えるかは人によって意見が分かれそうですが、6月1日から開催された「VIS Vienna Shorts」では「新しい視点を持てる作品だ」と評価され、審査員賞を受賞。その後、アカデミー賞短編アニメ部門のノミネート候補となりました。

自分ではない
「なにか」になれる

映像には、イギリスの哲学者であるアラン・ワッツのナレーションも。

「人は人として生まれ、その視点でしか物事を捉えることができません。同じように、すべての意識のある生物は、それ自身の視点でのみ世界を認識できるのです。

これは、その視点を変えることのできるゲームです。自分ではない何かしらになることで、今まで人の目でしか見えていなかった世界の捉え方を、大きく変えることができるでしょう。それは、顕微鏡や望遠鏡を使うこととはまったく異なります。その生き物がどのように世界を捉え、生き抜いているのかを垣間見ることができるのです。

小さなバクテリアから莫大な銀河に至るまで、存在するすべての視点を手に入れたとき、あなたはきっと、この世界が非常に強い結びつきで出来上がっていることに気付くはず。

そして自分自身はその一部、世界を構成する命のひとつだという大切な事実を実感するでしょう」

アカデミー賞のノミネートは、今年の後半から始まります。「Everything」はゲーム史上に残る偉業を残せるのか、今後の展開が気になるところ。

「ラスト数分が特に評判なんだよ!」という映像が気になる方は、こちらをチェック。冒頭のシュールさに疑問符が浮かんだら、サッと早送りしてみてください。

Licensed material used with permission by David OReilly
アカデミー賞4冠を獲得した、話題の映画『パラサイト 半地下の家族』。劇中に登場するB級グルメ「チャパグリ」のレシピ動画が公開された。
今年、ロサンゼルスにオープン予定の「アカデミーミュージアム」。オープン時には宮崎駿監督の回顧展も開かれる予定。専用アプリを使うと、展示される映画の舞台裏の...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
今年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、イ・スンジュン監督『不在の記憶』。2014年4月に起こった「セウォル号沈没事故」を題材にし...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
第90回アカデミー賞において『君の名前で僕を呼んで』で主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメ。まだあどけなさが残る彼が主演するこのショートフィル...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」から誕生した短編アニメーション映画『Hair Love』がアカデミー賞を受賞。
先日10日、グラミー賞を主催する「レコーディング・アカデミー」が、来年度から「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門」を「最優秀プログレッシブR&...
2017年、ゲーム風のPR動画が耳目を集めた京都府宇治市。あれから2年、『宇治市〜宇治抹茶と源氏物語のまち〜』がスマホゲームになって帰ってくる!
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...