グラミー賞で史上初の快挙!「テイラー・スウィフト」のスピーチが話題に

第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。

そのほか「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」や「最優秀ミュージック・ビデオ」などを含め、3冠に輝いた彼女。その力強いスピーチに注目が集まりました。

「世界最高の瞬間をありがとう」

Taylor Swift fired back at Kanye West during her #Grammys speech.

Posted by Mashable - Entertainment on 2016年2月15日

 「年間最優秀アルバムを2度受賞した初めての女性として、みんなに伝えたいことがあります。

あなたの成功を邪魔しようとする人や、その業績や評判を横取りしようとする人が現れるでしょう。でも、そんな人たちに惑わされずに、自分の仕事に集中していれば、いつかどこかで周りを見渡したときに気づくはずです。そこにいるのは、あなた自身と、あなたを愛し、あなたの背中を押してくれた人たちだから。世界で一番素晴らしい気分です。この瞬間をありがとう!」

じつはこれ、たびたび彼女に失礼な行動をとっていたお騒がせアーティスト、カニエ・ウエストに対して発した反撃の言葉とも言われています。

ローリング・ストーン」誌によれば、2009年の「MTV Video Music Awards 2009」で、テイラーが「最優秀女性アーティスト・ビデオ」を受賞した際、カニエはスピーチに横入り。マイクを奪い「ビヨンセのほうがよかった」と主張。「MTV JAPAN」の記事では、酒に酔っており、中指を立てて席につくなどし、多くの観客から反感を買ったと報じられました。

さらに、その後も自身の楽曲『Famous』で、「まだテイラーとセックスしてる感じだ/おれがあのビッチを有名にしてやった」とラップするなど、話題には事欠かない人物。当の本人はTwitterで、この歌詞がテイラーによって考えられた歌詞であり、ビッチはヒップホップ界で親愛を意味するものだ、と発表し“ディス”を否定しています。

この度の授賞式に、カニエの姿はありませんでした。彼女のスピーチは、会場全体を包み込むような大きな拍手とともに無事終了。その全容はコチラから確認できます。

Top Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
バクテリア、昆虫、ウシ、ヤギ、植物、星、そして銀河。この世に存在するありとあらゆるものになれるシミュレーションゲーム「Everything」。その予告編映...
テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、バックストリート・ボーイズ、ボン・ジョヴィ…。誰もが一度はその楽曲を聞いたことのある有名ア...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
申し訳ないけれど、正直、今までに聞いてきた卒業スピーチの内容は頭の片隅にもない。でも、こんなスピーチをされたらずっと記憶に残るかもしれない。 舞台はニュー...
強い女性というイメージがあるメリル・ストリープ。自分の想いをまっすぐに伝えるハリウッド女優にも、「恐怖」によって身動きができなくなったときがあったそうです。
3歳のScout Penelopeちゃんはお母さんの力をかりて、有名人になりきる写真を撮り始めました。選んだ人は、どれも芯があって美しい女性ばかり。同じよ...
小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像...
「tracy’s newyork life」を運営するトレイシー・ケイラーは、ニューヨーカーの視点から、暮らしに関する様々な情報を発信している女性。彼女の...
アカデミー賞からグラミー賞の獲得まで、幅広い活動の中で成功をおさめているウィル・スミスですが、その影には彼が大切にしている哲学がありました。「ウィル・スミ...