アフリカ人によるアフリカ人のための「アフリカ製スマホ」誕生

たてがみをなびかせるライオン。見慣れないロゴマークのスマートフォンが、今、世界でちょっとした話題を呼んでいる。10月に発売開始となったこの「Mara Phone」は、史上初となる「完全アフリカ製」のスマホだ。

ICT立国を国家戦略と位置付け、アフリカのなかでも情報インフラが群を抜いて発展しているルワンダ。その首都・キガリに新たな工場を建設したアフリカ企業「Mara Group」は、組み立てだけでなく、マザーボード(電子回路基板)から梱包まで一括して製造することで、オールアフリカメイドのスマホを実現させた。

今回リリースしたのは「Mara X」とハイスペックモデルの「Mara Z」の2機種。OSはAndroidを搭載し、iPhone7より採用されたゴリラガラスをディスプレイに使用している。オフィシャルページを見るに、他メーカーと比較してもスペックにさほど差は感じられない。それでいて価格は159ドル〜という価格設定に驚く。

もちろんSIMフリーでの国外使用も可能だが、アフリカの多くの人がスマホを手にすることで生活をより豊かにしていくという狙いが根底にはあるようだ。

もちろん、日本からの購入も可能。ただし、現在のところアフターケアを含むカスタマーサポートについては、現地とのやりとりが発生してくる。

©Mara Phone
©Karengeおじさん

ルワンダ市内のモバイルショップ

Top image: © Mara Phones
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
再生プラスチックから建築するテクノロジーを持つノルウェー発のスタートアップ「ohalo」に、JDS建築会社CEOのJulien De Smedtがジョイン...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。