「Googleストリートビュー」がアフリカのサバンナに対応。一体何のために・・・?

アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、その背景には「密猟からゾウたちを保護する」という大命題があるのです。

歩く人目的ではない
ストリートビューって?

ケニアの北に位置するサンブル国立保護区。サバンナに生息する野生のゾウたちが、どんな生活をしているのか?Googleストリートビューを用いて、まるで自宅の近所を検索するように、野生の生態系が手に取るように分かるのです。
Googleは公式ブログを通じて、プロジェクトの最大の目的は、野生のゾウたちが密猟の危機に瀕している事実を、「世界中の人々に知ってもらうこと」だと発表しています。

GPS付きの首輪で
ゾウの居場所が
リアルタイムで届く

スクリーンショット 2015-09-25 14.42.28

Googleは、今回のプロジェクト実現のため、ケニアで活動する3つの団体に協力を依頼。そのうちのひとつ「Save The Elephants」は、野生のゾウの行動や集団規模を観察し、健康状態の把握に努め、行動データや習性の観測を行っています。また、レワ自然保護区では、ゾウにGPSの首輪をつけ、このデータをGoogle Earthに表示。リアルタイムでゾウの位置把握が実現しました。この様子は、Googleマップの特設サイト「サンブル国立保護区」でも、ゾウたちが今どこにいるのかを確認できます。

密猟者からゾウを守る

スクリーンショット 2015-09-25 14.06.44

Googleが提供する、GPSと地上からの画像はまた、研究者、野生生物保護官へと届けられます。動物たちの生態系の様子を観察する貴重なデータとなるほか、リアルタイムで密猟を監視するレンジャー部隊の活動にも活かされているようです。「Save The Elephants」の活動により、過去15年間でサンブル国立保護区の野生ゾウの数は、確認された個数で1,450頭と増えてきました。

スクリーンショット 2015-09-25 14.09.46

しかし、それもほんの氷山の一角、研究によれば、2010年から2012年にかけてのわずか3年あまりの間に、象牙を狙う密猟ハンターによって、およそ10万頭のゾウが殺されたといいます。「Save The Elephants」の発起人Iain Douglas-Hamilton氏のコメントを紹介する「Take Part」。

「この地域に生息するゾウの生態系を、より深く理解して欲しい。彼らの行動を見て知ってもらうだけでも、ゾウの命を救うことになるのですから」

多くの人々が、GoogleマップやGoogle Earthを通してサバンナのゾウの様子を知ることが、どれだけ密猟の大きな抑止力になるか。Douglas-Hamilton氏の真意が見て取れます。

現地へと赴かずとも、画面を通してゾウの生態系を知ることができる。さらに、それが野生動物たちの命を救うことにもなるって、寄付をするよりもお手軽ですね。いちど、特設サイト覗いてみては?

Reference:Take Part
提供:Google

アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
日本ではあまり馴染みがないが、欧米では、趣味で野生動物を狩猟する「トロフィー・ハンティング」が広く好まれているという実態がある。射殺された動物は、剥製や毛...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。