「Googleストリートビュー」がアフリカのサバンナに対応。一体何のために・・・?

アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、その背景には「密猟からゾウたちを保護する」という大命題があるのです。

歩く人目的ではない
ストリートビューって?

ケニアの北に位置するサンブル国立保護区。サバンナに生息する野生のゾウたちが、どんな生活をしているのか?Googleストリートビューを用いて、まるで自宅の近所を検索するように、野生の生態系が手に取るように分かるのです。
Googleは公式ブログを通じて、プロジェクトの最大の目的は、野生のゾウたちが密猟の危機に瀕している事実を、「世界中の人々に知ってもらうこと」だと発表しています。

GPS付きの首輪で
ゾウの居場所が
リアルタイムで届く

スクリーンショット 2015-09-25 14.42.28

Googleは、今回のプロジェクト実現のため、ケニアで活動する3つの団体に協力を依頼。そのうちのひとつ「Save The Elephants」は、野生のゾウの行動や集団規模を観察し、健康状態の把握に努め、行動データや習性の観測を行っています。また、レワ自然保護区では、ゾウにGPSの首輪をつけ、このデータをGoogle Earthに表示。リアルタイムでゾウの位置把握が実現しました。この様子は、Googleマップの特設サイト「サンブル国立保護区」でも、ゾウたちが今どこにいるのかを確認できます。

密猟者からゾウを守る

スクリーンショット 2015-09-25 14.06.44

Googleが提供する、GPSと地上からの画像はまた、研究者、野生生物保護官へと届けられます。動物たちの生態系の様子を観察する貴重なデータとなるほか、リアルタイムで密猟を監視するレンジャー部隊の活動にも活かされているようです。「Save The Elephants」の活動により、過去15年間でサンブル国立保護区の野生ゾウの数は、確認された個数で1,450頭と増えてきました。

スクリーンショット 2015-09-25 14.09.46

しかし、それもほんの氷山の一角、研究によれば、2010年から2012年にかけてのわずか3年あまりの間に、象牙を狙う密猟ハンターによって、およそ10万頭のゾウが殺されたといいます。「Save The Elephants」の発起人Iain Douglas-Hamilton氏のコメントを紹介する「Take Part」。

「この地域に生息するゾウの生態系を、より深く理解して欲しい。彼らの行動を見て知ってもらうだけでも、ゾウの命を救うことになるのですから」

多くの人々が、GoogleマップやGoogle Earthを通してサバンナのゾウの様子を知ることが、どれだけ密猟の大きな抑止力になるか。Douglas-Hamilton氏の真意が見て取れます。

現地へと赴かずとも、画面を通してゾウの生態系を知ることができる。さらに、それが野生動物たちの命を救うことにもなるって、寄付をするよりもお手軽ですね。いちど、特設サイト覗いてみては?

Reference:Take Part
提供:Google

アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
長野のイタリアンレストラン「ピュルンゴ」でジビエ料理を提供するオーナーシェフの長崎晃は、駆除された野生動物の皮を有効活用すべく、ライフスタイルブランド「I...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
「AR動物と一緒なら、いつもの日常が動物園に」というコンセプトのもと、昨年リリースされた「AR(拡張現実)機能」に、さらに50種類の動物が新登場。この機能...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
日本ではあまり馴染みがないが、欧米では、趣味で野生動物を狩猟する「トロフィー・ハンティング」が広く好まれているという実態がある。射殺された動物は、剥製や毛...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。