「駆除された野生動物」の皮を有効活用する、長野のライフスタイルブランド「Inswirl」

駆除されたシカやイノシシの皮まで有効活用したレザー製品を中心に、企画・販売するライフスタイルブランド「Inswirl(インスワール)」。

このブランドを立ち上げたのは、長野駅近くでイタリアンレストラン「ピュルンゴ」を営み、ジビエ料理も提供するオーナーシェフの長崎晃氏だ。

野生動物による被害額は平成29(2017)年度で164億円にのぼり、年々深刻化。害獣対象となり駆除された野生動物は、日本国内でもジビエ料理などへの活用が徐々に広がりをみせてはいるものの、肉を剥いだ後の皮のほとんどが、現状は利用されずに廃棄されているという。

駆除される野生動物たちをもっと有効に活用する方法はないか、そんな思いから「Inswirl」はスタートした。

シカ革は「革のカシミヤ」と呼ばれるほどきめ細かくしっかりと柔らかな質感。皮革の70%以上には「クロムなめし」と呼ばれる方法が用いられるが、Inswirlでは、重金属や化学薬品を使わず、自然の恵みだけでできた地球環境や人にも優しいなめしを使って加工している。だから、敏感肌の方や乳児が触れても肌トラブルが起きる心配は少ないという。

また、野生動物たちが生きていた時にできた皮の傷を隠すために施される、表面の顔料塗装を一切おこなっていないため、天然皮革本来の柔らかさと通気性のあるナチュラルな質感を楽しむことができる。

Inswirlの革製品は、手にすることで、地球環境や生き物との共存について考えるきっかけをくれるはずだ。クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、まもなく先行販売開始。

Top image: © 2019 Inswirl
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。