都心の「空き家問題」を有効活用するサービスとは?

ここ数年、全国に空き家が急増しているというニュースを目にしたことはあるだろうか?人口減少、核家族化、高齢者の一人暮らし……さまざまな要員で増えた空き家は、総務省統計局による最新のデータ(平成30年)によると、全国に約820万戸、空き家率はじつに13.5%にも達する。

じつはこの現状、都心部も例外なく増え続けている。新築供給が現状のまま推移すると、2040年には空き家率が40%を超えるとの予測もあるなか、空き家を活かしたあるサービスに熱視線が注がれている。

荷物の保管場所収納スペースを探している人と、余った場所を有効活用したい人をつなぐ物置のシェアリングサービス「モノオク」だ。

同サービスは、東京都がスタートアップ企業の実証実験を支援する「東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo)」に採択。このたび、都内の空き家を収納スペースとして収益化するための実証実験することに。

空き家問題解決の糸口となるかは今後の運用次第だが、収納スペースを確保するのが難しい住居の多い都市部を中心に、収納サービス市場年々拡大する追い風状態。需要と供給は合致するだけに、今後の展開に注目したい。

©モノオク株式会社
Top image: © shigemi okano/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
ヤフー傘下「Open Street」が原付バイクのシェアリングサービスをスタート。安定感のあるポップな三輪スクーターは、現在、東京の霞ヶ関、目黒、代々木上...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...