都心の「空き家問題」を有効活用するサービスとは?

ここ数年、全国に空き家が急増しているというニュースを目にしたことはあるだろうか?人口減少、核家族化、高齢者の一人暮らし……さまざまな要員で増えた空き家は、総務省統計局による最新のデータ(平成30年)によると、全国に約820万戸、空き家率はじつに13.5%にも達する。

じつはこの現状、都心部も例外なく増え続けている。新築供給が現状のまま推移すると、2040年には空き家率が40%を超えるとの予測もあるなか、空き家を活かしたあるサービスに熱視線が注がれている。

荷物の保管場所収納スペースを探している人と、余った場所を有効活用したい人をつなぐ物置のシェアリングサービス「モノオク」だ。

同サービスは、東京都がスタートアップ企業の実証実験を支援する「東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo)」に採択。このたび、都内の空き家を収納スペースとして収益化するための実証実験することに。

空き家問題解決の糸口となるかは今後の運用次第だが、収納スペースを確保するのが難しい住居の多い都市部を中心に、収納サービス市場年々拡大する追い風状態。需要と供給は合致するだけに、今後の展開に注目したい。

©モノオク株式会社
Top image: © shigemi okano/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事