三輪の原付チャリがかわいい。シェアリングサービス「ハロースクーター」に注目!

海外で大流行中の電動キックスクーターだが、日本での実用化は交通ルール法律の問題もあり、まだまだ時間がかかりそう。

そんななか、いよいよ日本でもヤフー傘下「Open Street」が提供するシェアリングスクーター「ハロースクーター」が、サービスを開始した。

このスクーターは、ピザや弁当の配達でよく見るタイプの原付バイク。グリーンやブルーのパステルカラーがかわいい。安定感ある三輪タイプなので、バイクに乗ったことがない人でも運転しやすそうだ。荷物がたっぷり詰めるのもうれしいポイント。

使い方は簡単な3ステップ

まず、アプリWEBから、クレジットカードや運転免許証の情報登録。次に、アプリから近くのステーションを探して乗りたい車種を予約したら、あとはステーションにいくだけ。

ヘルメットは、スクーター後部のIoTボックス内に入っており、Bluetoothを使って解錠することができる。返却は、借りた場所でなくても「ハロースクーター」のロゴがあるステーションであれば、どこでもOK

現在は、霞ヶ関、目黒、代々木上原の3エリア4ヵ所で利用可能。3月までに東京と埼玉の40ヵ所200台までの拡大を目標にしているとのことだ。

ちょっと荷物が多いとき。うっかり終電を逃しとき。いろんな使い方できそうなかわいい「ハロースクーター」。もちろん、飲酒運転はダメ。ゼッタイ。

『ハロースクーター』

【公式ホームページ】https://www.helloscooter.jp/

Top image: © OpenStreet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事