快適なクルマ旅をサポートする空き地シェアのサービス「Carstay」

「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、周辺のスポットを検索、予約できます。

「車中泊」を前提とした旅の場合、深夜も駐車可能な場所探しが意外と難しかったりしますよね。このサービスを利用すると、確実に夜を過ごせる場所を確保できるので安心。

料金は、クルマ1台分の駐車場スペースで平均1000円ほどとお手頃。貸す側には付近に24時間利用可能なトイレの確保も義務付けられているので、ハード面も心配いらず。なかには、追加料金でシャワーやWi-Fi、洗濯機など利用できる所もあります。

今年1月に始まったばかりですが、すでに日本全国100ヶ所以上の駐車場・空き地が登録されています。また、駐車スペースの提供だけでなく、車両のレンタルや旅行先の観光ガイドも依頼することができるのもイイですよね。

Top image: © 2019 Carstay
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
知らない人のプールを借りられるサービスを展開する「Swimply」。プールは、ロサンゼルスやマイアミビーチなどを含むアメリカ国内の5つのロケーションから検...
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
9月3日、オーストラリア発の寝具ブランド「コアラ・マットレス」は、同社のマットレスを搭載した車内で快適な昼寝ができるサービス「ぐぅ~すCAR お昼寝デリバ...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
ドミノ・ピザは、アメリカ・ヒューストンで無人配達することを発表。オンラインで注文した顧客のもとには、自動運転車両が商品を届ける。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
エアモビリティを提供する「AirX」は、ヘリコプターを使った移動サービスを「東京〜下田・箱根」間で実施。西武ホールディングスと協業した、今後のサービス展開...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。