移動も宿泊も思いのまま。九州「バンライフ」体験

クルマに乗って自由気ままに移動しながら、食事も寝泊りも、さらには仕事もすべて車中でしてしまうライフスタイル「バンライフ」に注目が集まっている。

とはいえ、本格チャレンジはさすがにハードルが高いもの。ならば、旅と移動を同時に楽しむバンライフ体験はいかがだろう?

9月下旬よりサービス開始となる「OSOTO Campervan」は“停まった場所を泊まる場所”にするキャンパーバンのレンタルサービス。お試しにはもってこいの旅のスタイルだ。

サービスが提供されるエリアは九州に限られるが、豊かな自然を感じられるスポットを巡ったり、温泉地を訪れたり、思うまま自由に行き先を決めてクルマとともに過ごす旅。

キャンパーバンは、運転しやすいバンタイプの国産車両(AT車)をベースに、内装はリアルウッドでカスタマイズ。寝具から調理のためのコンロ冷蔵庫調理器具カトラリーまでオールイン。さらにはアウトドアチェアテーブルにと、車中泊するための基本アイテムはすべて装備しているから、身ひとつ旅を始められる。

オプションでサブバッテリーをレンタルすれば、スマホノートPCの充電にも事欠かない。withコロナ時代のマイクロツーリズムとして、自然のなかでのリモートワークワーケーション体験として、バンライフの可能性を広げる一助となりそう。

価格は24時間2万5000円から。詳しくは下記サイトより。

©合同会社Yerrow

『OSOTO camperban』

【公式URL】https://osoto-van.jp/

Top image: © 合同会社Yerrow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。