移動も宿泊も思いのまま。九州「バンライフ」体験

クルマに乗って自由気ままに移動しながら、食事も寝泊りも、さらには仕事もすべて車中でしてしまうライフスタイル「バンライフ」に注目が集まっている。

とはいえ、本格チャレンジはさすがにハードルが高いもの。ならば、旅と移動を同時に楽しむバンライフ体験はいかがだろう?

9月下旬よりサービス開始となる「OSOTO Campervan」は“停まった場所を泊まる場所”にするキャンパーバンのレンタルサービス。お試しにはもってこいの旅のスタイルだ。

サービスが提供されるエリアは九州に限られるが、豊かな自然を感じられるスポットを巡ったり、温泉地を訪れたり、思うまま自由に行き先を決めてクルマとともに過ごす旅。

キャンパーバンは、運転しやすいバンタイプの国産車両(AT車)をベースに、内装はリアルウッドでカスタマイズ。寝具から調理のためのコンロ冷蔵庫調理器具カトラリーまでオールイン。さらにはアウトドアチェアテーブルにと、車中泊するための基本アイテムはすべて装備しているから、身ひとつ旅を始められる。

オプションでサブバッテリーをレンタルすれば、スマホノートPCの充電にも事欠かない。withコロナ時代のマイクロツーリズムとして、自然のなかでのリモートワークワーケーション体験として、バンライフの可能性を広げる一助となりそう。

価格は24時間2万5000円から。詳しくは下記サイトより。

©合同会社Yerrow

『OSOTO camperban』

【公式URL】https://osoto-van.jp/

Top image: © 合同会社Yerrow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事