「ジップロック」の傘がシェアリングサービス「アイカサ」に登場

傘のシェアリングサービス「アイカサ」は、使用済みのジップロックなどをリサイクルするプロジェクト「Ziploc RECYCLE PROGRAM」を7月29日(水)よりスタートした。

同プロジェクトは、使用済みのジップロック廃棄品を回収し、プラスチック製品に作り替え、プラスチックの処理問題の解決に貢献するべく始動。ジップロックをリサイクルして作られた傘を、シェアリングサービス「アイカサ」にてレンタルする。

なお、傘のデザインは「BEAMS COUTURE」が担当。馴染み深いジップロックのロゴと、アイコニックなカラーリングは、雨の日の気分転換にもぴったりだ。

同サービスの運用は、今年9月ごろより西武池袋線の池袋〜飯能駅間を中心に開始。一部の首都圏のスポットにも拡大する予定で、急な雨でもすぐに借りられて好きな場所で返せる便利な仕組みを目指すという。

大きな問題となっているビニール傘の大量廃棄を、アイデアとデザインのチカラで減らすことができるかもしれないプロジェクトに注目だ。

アイカサ ジップロック 傘シェアリング
©ビームス
アイカサ ジップロック 傘シェアリング
©ビームス
アイカサ ジップロック 傘シェアリング
©ビームス
Top image: © ビームス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事