「一生もの」にできる折りたたみ傘

「持ち物は人を表す」とはよく言われること。時計や靴には気を配っていても、傘までこだわっている人はなかなか少ない。ビシっとスーツで決めていてもビニール傘じゃアンバランスだし。
 
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる
雨の日に地下鉄で隣の人を濡らすこともなく、傘も最高級のファブリックを使っている。カバーは、本場イタリアのなめし革で使うほどに馴染んでくる。

 
実際に使ってみると分かるけど、水を出すのがなんだか気持ちよくて雨の日が少し待ち遠しくなってしまった。

特許技術が「水」をしっかりキープ


傘の水滴は防水加工されたカバーの内部を通って、最下部にある4ccのタンクに集まる。このタンクは特許技術を活かして製造され、カバーを逆さまにしても水は垂れてこない。

あとはタンクをひねり、水を外に出すだけ。止水ジップを採用し、開口部分からのモレも防いでいる。最初の試作品では、空のペットボトルをカットしてタンク代わりに使っていたため、逆さまにすると水がモレてしまっていたらしい。その後、試行錯誤を繰り返し、特許を取得するまでに至った。

「一生モノ」の折りたたみ傘

すべて手作業で行われており、職人を見つけるのが大変だったとか。カラーバリエーションも豊富でショルダーストラップなどもついている。

一般的に、長い紳士傘と違って折りたたみ傘は、構造が複雑なので壊れやすい印象。そこで「Kjaro」はアルミ製フレームで、「だぼ」(傘の各関節部分)にはグラスファイバーを使用することで耐風性能を実現。

傘のファブリックは実際に触ってみると傘というよりは「シート」に近い印象で、イタリア国内で最高級の防水素材を採用しているらしい。傘をまとめるバンド部分はマグネット式でマジックテープのような裏表を気にする必要はなし。

カバーは52ユーロ(約6,800円)、傘本体は92ユーロ(約12,500円)、カバーとセットで購入すれば117ユーロ(約15,300円)+送料と決して折りたたみ傘として安い値段ではない。

制作したデザイナーのAngelo Vadruccio氏にその点を聞いてみたところ「確かに他の製品と比べると高い、手作業で作っていることや使っている素材もコストになっている、その理由は長く使って欲しいからなんだ。だから機能にも美しさにもこだわっている」とのこと。

日本へ発送は可能で購入はこちらから。ぜひ、あの「水」を出す快感を味わってみてください。

Licensed material used with permission by Kjaro
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
イタリアの老舗〈premax〉の折りたたみハサミ。カラバリ豊富ですが、僕はブラックの刃とイエローの指環っていう組み合わせが気に入ってます。
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。