ハンズフリーなこの「傘」を笑っていられるのも、今のうちだ!

正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわからないイノベーションが、意外に注目を浴びているというのだから……世界は広いと言う他ない。

傘は「さす」時代から、
「背負う」時代へ。

防水加工したいわゆる雨傘が登場したのは、18世紀後半。それまで女性だけのものだった(男性は帽子で雨をしのぐ)傘が、徐々に人々の中に浸透していき現在に至る。持ち手や骨組みの材質に変化はあれど、「傘をさす」というスタイル自体は大きな変化をせずにきた。

が、ここにきて「さす」時代が終わろうとしている。

NYのある企業が開発した、この「Nubrella」が、傘の概念そのものを変えようとしているからだ。大げさに言えばね。もう、見てもらったほうが早い、これが背負う傘

まずは、リュックサックの要領で背負う。

背中側からじゃばら式の傘がクルッと登場。シールド状に頭をすっぽりと覆う。

たたむ代わりに左右のボタンを押すだけで、傘は背面に戻る。

世界初、
耐風性のあるハンズフリー傘

どんなに偉大なアイデアも小さな思考から始まる、こう豪語するのは開発者のAlan Kaufman。氏の言う小さな思考は、ある風の強い雨の日に起こったそうだ。

横殴りの雨を避けようと、コーヒーショップの窓際に陣取ったAlan。窓の外を眺めていると、目の前を傘を手に悪戦苦闘する人たちの姿が。骨が折れたり、おちょこになってしまい、使い物にならない傘がゴミ箱へと捨てられていた。

この瞬間、彼の中にひとつのイメージが降りてきたらしい。Alanはそれをペーパーナプキンに走り書きし、ずぶ濡れになるのも気にせず一目散にオフィスへもどり、エンジニアにアイデアを伝えたそうだ。

バッグパックのように肩に背負い、ストラップで固定する構造。これにより両手は自由になる。そして、強い風にも負けない、耐風性のあるデザイン。こうしてできあがったのがNubrella。なんと風速40mまで耐えられるというからオドロキだ。ちなみに重量は3ポンド(約1,3kg)とこれまたナイス。

両手が塞がれたくない人たちへ

もしも、手を使わずに傘がさせなたなら。両手が自由でいることで、アクティビティの幅はぐんと広がる、といえば広がる。だけど、どうしても気になるのはこの1点。

結構、胴体は濡れそうですけど…(笑)

なんて指摘はしちゃいけないんだろうな、きっと。何百年も人々が「さしてきた」傘を、こうして「背負う」という新たなロジックにたどり着いたわけだから。

でも、すでに90近い国々へと輸出されているらしい。いつの日か、日本にも“背負う新人類”が登場しないとも限らない。そのときはもう、驚いてはいけない。

トレンドを先取りしたい人だけこちらからドーゾ。

Licensed material used with permission by Nubrella
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
なんとなく気分が落ち込んだり、体調を崩したりする人も多いこの梅雨の時期を、少しでも前向きな気持ちで過ごせるような「傘」を紹介。エビフライみたいなかわいい傘...
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
国内No.1傘メーカー「Waterfront(ウォーターフロント)」が、日本古来の「たたむ」文化に着目した新商品「GO!GO!UMBRELLA」を発売。
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
梅雨でも雨の日を楽しくするアイテムとして「天候で結晶が変わるオブジェ」「スニーカー用レインカバー」「オリジナルプリントの傘」などをご紹介。
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
北海道オホーツク海の「流氷」と富山県の雪を採取し、真夏の東京や関東圏で活用・設置することで大気や体感温度がどのくらい下がり冷却効果が見込めるかを測定をする...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
「KEYUCA」の折畳傘シリーズに、新たなラインナップが追加。”開く時”も”閉じる”時も自動の「自動開閉式」でありながら、通常の折畳傘と変わらないほど軽量...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...