「若者のファストフード嗜好に喝!」から生まれた傘立てがコチラ

傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いもよらぬ方法で有効活用してしまうから驚きだ。

ムダになる水は全て
野菜の栽培に使っちゃおう

1e4bc6a6222e206d1a0f54e286caa6a02689d2ce

ロンドン芸術大学のひとつであるセントラル・セント・マーチンズに通うJean Huangさんによってデザインされたこの傘立て。なんと水の滴る先に鉢植えが設置できる。

傘の雨水が垂れると下の植物に自動的に水をやれるという合理的かつ「そこまでするか!(笑)」な仕組み。「傘を乾かしつつ野菜を育てられる」との謳い文句だけれど、本当にこれで野菜が?まぁ、ハーブとかをちょこっと育てるのにいい大きさではある。

4b60ca4143f87ed0826199a1ce54bc80ff759855

傘をかける部分は照明にもなるので、玄関を照らすオブジェとしても使用可能。正直に言うと、傘についた水で野菜を育てるなんてちょっと…と思ってしまったけど、野菜に限らず花などを植えれば憂鬱な雨の日にも家に帰って水をやれるのが楽しみになりそう。

ところで、なぜこんなものを思いついたんだろう?

若者への「熱い想い」を具現化

A2ec0d2874a36e3556b09705a9d90817244ab220

実はもともと、このプロジェクトはロンドンのファストフード嗜好、特に便利さと値段に惹かれる若者たちに焦点を当てたものだったそう。彼らへの「自分で野菜を育てて食べよう」という訴えから発想に至った。

傘立てに行き着くまでにも、構想段階では色々なデザインが検討されていた模様。ランプの形から、手を洗った時の水を払い飛ばして野菜に当てるというなんとも面白いものまである。でもファストフードを求める層の気をひくには、やっぱり合理的で手軽なものでないといけない。そこで傘立てという答えが導き出されたそうだ。

7a7b93a91b8b88a467892fbdeec6a010de743532

ターゲットを絞って
お手軽さを重視

7a0300b497c4f765ae38747d933e175c7550c4f7

さらに、こだわったのは外見だけではない。ファストフードを楽しむ人が低コストやハイスピードを求めることから、彼らを消費者層としたこの傘立ても直感的でわかりやすいIKEAスタイルの組み立て式。スペースも節約するためにボディはカゴ型ではなく垂直にぶら下げる形を採用したことで、安価で手軽に野菜を栽培できるという。

ただ単に作るだけでなくターゲット層を意識して、「ファストフードを求める人には生活用品も安く効率よく提供した方が心に訴えられるはず」と論理的に推測しているあたりに感心させられる。

4bdca2684f7bad4568caed0909796ded33a9ff4f

JeanさんのInstagramアカウントはこちら。またオフィシャルサイトにもその他の作品が掲載されている。現時点ではあくまでもコンセプト作品だが、商品化を望む声は少なくないかもしれない。

B8b15604c31dc6f013d5cf8d145c4500a6bbbc36
Licensed material used with permission by Jean Huang
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...