洗えそうにない「マグカップ」に一目惚れ。

雑貨店で素敵なマグカップを見つけると、ついつい手にとってしまいます。

実際に飲み物を入れて使うことはなくても、インテリア小物として部屋に置いたり、ペン立てなどの収納用品として使ったり。

「Ceramic + Leather」はまさにそれ。
イスラエルのデザイナーRoee Ben Yehudaさんが手がけた「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。

レザーをデザインに取り入れたマグカップって意外と見かけないですよね。

雑貨店で素敵なマグカップを見つけると、ついつい手にとってしまいます。いくつあっても困らないとはいえ、結局はお気に入りのひとつに落ち着くんですけどね。

それでも、飲みものを入れて使わなくたって、インテリア小物として、あるいはペン立てなどの収納用品として、用途はいくらでも。

で、このCeramic + Leatherがまさにそれ。イスラエルのデザイナーRoee Ben Yehudaさんが手がけた「レザー」と「セラミック」のバランスがいいんですよね。レザーをデザインに取り入れたマグってあまり見かけないでしょ?

「レザー」って水に濡らしちゃ
ダメだよね……?

ご覧の通り、通常あまりマグカップに使われることのないレザーがアクセント。カップの形はもとより、レザーの使われ方が異なる3種類。それぞれに“いい味”出してるでしょ?

ところで、レザーを食器用洗剤で洗ったり、そもそも濡らしたりして、劣化を進めないか不安なところ。やはりマグカップ本来の使い方ではなく、お部屋のインテリアとして利用するほうが長持ちしそうですね。

散らかりがちな小物の整理にちょうどいいサイズ感。ミニブーケを飾るなど、花瓶としても活躍してくれそう。

スプーンの代わりにターンクリップを噛ませてメモをはさみ、コップの部分をペン立てにすれば、便利なステーショナリーアイテムとして使えそうですよね。

デスクの上のアクセントとして飾っても存在感を放つCeramic + Leatherシリーズ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かんできそう。

キッチン棚に収納するんじゃなく、部屋で主張させたい“絵になる”マグでした。

Licensed material used with permission by Roee Ben Yehuda

関連する記事

このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
熱いお湯を注ぐだけで自動的にかき混ぜをしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」が登場。電源もスイッチもなく、電池・充電池も必要なし。
メディアクリエイターのハイロックさんが、自身の“マグカップコレクションの頂点に君臨する”と紹介する逸品。
「 Floating Mug」はカップの結露や輪ジミを防止するために開発されたマグカップで、コップ部分を宙に浮かせ、その下に水を集めるお皿があるというもの...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
マグカップをそのまま大きくしたようなホーローのピッチャーは、〈AXCIS(アクシス)〉のもの。
ボリューミーなサイズも可愛いです。
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
「Personalized Heat Change Mug(英訳:熱で変化するパーソナライズマグカップ)」は、名称そのままに、温かい飲み物を入れると注文の...
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
身近な人の死は、避けては通れない出来事。誰しもに平等に訪れるとはいえ、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいものです。しかし、このアイデアでそうしたショック...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
一目惚れした女性と、早くお近づきになりたいと思う男性は多いものです。大学受験のために通っている塾で先輩に惹かれたけれど、学生だからアプローチの仕方が分から...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
だから、味にはほぼノータッチです。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...