電気どころかマドラーも不要!全自動のかき混ぜマグカップ「Swirl」

熱いお湯を注ぐと自動的にかき混ぜをして、さらに飲み頃の適温にしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl(スワール)」が、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」に登場。

このマグカップには、電源やスイッチは存在しない。電池・充電池も必要なく、かき混ぜるためのスプーンやマドラーさえいらない。ただ、熱い飲み物を注ぐだけ

熱湯の温度が下がる際の熱エネルギーを運動エネルギーに変換して自動でかき混ぜるという構造で、約5分間で55〜65℃になり、かき混ぜはストップ。

忙しいときやスプーンがないときにも簡単・便利で、スプーンやマドラーの洗い物やゴミが発生しないエコなマグカップ「Swirl」。

本体の横にある窓からかき混ぜられる様子が確認でき、ぼーっと眺めながら鼻歌……なんて贅沢な時間の使い方も楽しめそう。

© 合同会社優心 / Youtube
©合同会社優心

『全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」』
【容量】320ml
【カラー】ブラック、ブラウン、ピンク、ブルー
【素材】PP+シリコン
【サイズ】直径83mm×高さ120mm×取っ手74mm
【クラウドファンディングプロジェクトページ】
https://greenfunding.jp/lab/projects/3631
※製品は2020年6月下旬の出荷を予定

Top image: © 合同会社優心
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
メディアクリエイターのハイロックさんが、自身の“マグカップコレクションの頂点に君臨する”と紹介する逸品。
「 Floating Mug」はカップの結露や輪ジミを防止するために開発されたマグカップで、コップ部分を宙に浮かせ、その下に水を集めるお皿があるというもの...
9月4日、「株式会社ワコール」が京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 竹屋町」を京都・丸太町エリアにオープンする。
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
「Personalized Heat Change Mug(英訳:熱で変化するパーソナライズマグカップ)」は、名称そのままに、温かい飲み物を入れると注文の...
身近な人の死は、避けては通れない出来事。誰しもに平等に訪れるとはいえ、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいものです。しかし、このアイデアでそうしたショック...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
本当は直せるのに、そのままにしてしまっている壊れ物たちの、悲しくもおかしな魂の叫び。それらを修理することで得られる、より快適で心地いいおうち時間を「アロン...
飲み頃がずーっと続いてくれたならば、いつまでもおいしいまま。そういうところからスタートしたマグなんでしょうね。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
「亀の子束子西尾商店」から、新製品「亀の子ウォッシュ」が発売。
「FANCL(ファンケル)」から、スプレータイプの次亜塩素酸水「FANCL ハウスクリーンスプレー」がデビュー。9月17日(木)よりオンラインショップにて...
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
アメコミヒーローのマグカップを使って撮影した子供たちの写真を、InstagramにアップしているのはLance Curanさん。どれも思わずクスっと笑って...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
マグカップをそのまま大きくしたようなホーローのピッチャーは、〈AXCIS(アクシス)〉のもの。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...