電気どころかマドラーも不要!全自動のかき混ぜマグカップ「Swirl」

熱いお湯を注ぐと自動的にかき混ぜをして、さらに飲み頃の適温にしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl(スワール)」が、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」に登場。

このマグカップには、電源やスイッチは存在しない。電池・充電池も必要なく、かき混ぜるためのスプーンやマドラーさえいらない。ただ、熱い飲み物を注ぐだけ

熱湯の温度が下がる際の熱エネルギーを運動エネルギーに変換して自動でかき混ぜるという構造で、約5分間で55〜65℃になり、かき混ぜはストップ。

忙しいときやスプーンがないときにも簡単・便利で、スプーンやマドラーの洗い物やゴミが発生しないエコなマグカップ「Swirl」。

本体の横にある窓からかき混ぜられる様子が確認でき、ぼーっと眺めながら鼻歌……なんて贅沢な時間の使い方も楽しめそう。

© 合同会社優心 / Youtube
©合同会社優心

『全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」』
【容量】320ml
【カラー】ブラック、ブラウン、ピンク、ブルー
【素材】PP+シリコン
【サイズ】直径83mm×高さ120mm×取っ手74mm
【クラウドファンディングプロジェクトページ】
https://greenfunding.jp/lab/projects/3631
※製品は2020年6月下旬の出荷を予定

Top image: © 合同会社優心
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
メディアクリエイターのハイロックさんが、自身の“マグカップコレクションの頂点に君臨する”と紹介する逸品。
「 Floating Mug」はカップの結露や輪ジミを防止するために開発されたマグカップで、コップ部分を宙に浮かせ、その下に水を集めるお皿があるというもの...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
茨城県ひたちなか市で1969年に創業した老舗コーヒー店「サザコーヒー」が開発した「レインボーミルクレープ」がオンラインでも購入可能に。甘い物好きの社長が、...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...