電気どころかマドラーも不要!全自動のかき混ぜマグカップ「Swirl」

熱いお湯を注ぐと自動的にかき混ぜをして、さらに飲み頃の適温にしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl(スワール)」が、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」に登場。

このマグカップには、電源やスイッチは存在しない。電池・充電池も必要なく、かき混ぜるためのスプーンやマドラーさえいらない。ただ、熱い飲み物を注ぐだけ

熱湯の温度が下がる際の熱エネルギーを運動エネルギーに変換して自動でかき混ぜるという構造で、約5分間で55〜65℃になり、かき混ぜはストップ。

忙しいときやスプーンがないときにも簡単・便利で、スプーンやマドラーの洗い物やゴミが発生しないエコなマグカップ「Swirl」。

本体の横にある窓からかき混ぜられる様子が確認でき、ぼーっと眺めながら鼻歌……なんて贅沢な時間の使い方も楽しめそう。

© 合同会社優心 / Youtube
©合同会社優心

『全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」』
【容量】320ml
【カラー】ブラック、ブラウン、ピンク、ブルー
【素材】PP+シリコン
【サイズ】直径83mm×高さ120mm×取っ手74mm
【クラウドファンディングプロジェクトページ】
https://greenfunding.jp/lab/projects/3631
※製品は2020年6月下旬の出荷を予定

Top image: © 合同会社優心
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事