愛する人の「遺灰」でつくるマグカップ

身近な人の死は、避けては通れない出来事。誰しもに平等に訪れるとはいえ、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいものです。しかし、このアイデアでそうしたショックをほんの少しでも軽減できるかもしれません。

「死の認識」が新たなものに?

16c37c742f477102514931cecae62255ec6a750b

クロニクル社が提供するのは、遺灰をもとにして陶器をつくるサービス。愛する故人が、マグカップやボトル、お椀など日常的に使用するものへと生まれ変わります。「もっと一緒に居たかった…」という気持ちを、形を変えて叶えてくれるというわけ。

Bbe49e38dc41327bebf5d523a3cb7b854b800f83

例えばこちらはボトル。

912b2e0183bd6b94c4bdab4143cb3999616ea9e9

こちらはお茶碗。薄めの翡翠色が印象的です。

注文すると専用の灰採取キットが送付され、そこに100グラム程度の遺灰をおさめて返送すれば制作開始。1〜2ヶ月程度で完成し、製品が届けられる仕組みです。

E9318370126203531a6009deab33812b1d0904d0

クロニクル社の創始者Justin Croweは、設立の経緯についてこうコメント。

「物語のあるモノを生み出すことこそが、私の情熱の源。故人がまだ生きていた頃の記憶をずっと留めておくために、このプロジェクトを始めたのです」

2033babe4eba4acc5291cdb21154ee8eec2e4d9c

先に旅立ってしまった故人にとっては、おそらく忘れられてしまうことがもっとも辛いはず。遺灰でできたマグカップやお椀を使って、毎朝コーヒーを飲んだり夕食を食べたり──。そんな機会があれば家族の中でも自然と話題になり、日常的に思いを馳せることにもつながるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Chronicle Cremation Designs
「ARGORDANZA」は、スイスに本拠地を置くダイヤモンド製作企業だ。亡くなった人物の遺骨から抽出した成分を元に記念品をつくっている。完成品の写真を見て...
「 Floating Mug」はカップの結露や輪ジミを防止するために開発されたマグカップで、コップ部分を宙に浮かせ、その下に水を集めるお皿があるというもの...
スイス企業の驚くべきサービスが今話題になっている。その内容は遺骨をダイヤモンドに配合し、記念品にすると言うものだ!遺骨に含まれる炭素を取り出し、人工的に高...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
アメコミヒーローのマグカップを使って撮影した子供たちの写真を、InstagramにアップしているのはLance Curanさん。どれも思わずクスっと笑って...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
大事な家族や親友、恋人などの死や不幸を想像する心理について。アンビバレンスというポジティブな感情とネガティブな感情の入り混じる心理現象が原因。その根底には...
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
弱冠9歳、小学生の谷口共鳴(ともなり)くんがボーカルを務めるハードコアバンド、チーターズマニアが1stアルバム『チーターズマニア』をリリース。小学生がボー...
「UPLIFT」で、ライターのJacob Devaney氏がヨガをすることはカラダの痛みを和らげるという記事を書いています。氏曰く、ヨガや瞑想など精神を大...