愛する人の死を、受け入れられていない「9つのサイン」

愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうちに故人を現実世界に留まらせているのかもしれません。

Little Things」ライターPhil Mutz氏は、心理カウンセラーや占い師、祈祷師など、スピリチュアル分野の専門家らの報告を分析。言葉では説明がつかない事象や、故人と属しているとする感情や経験を語る人が多いことが分かったそうです。たとえば、このように。

01.
故人の残り香を感じる

1-16-600x600

“忘れじの香り”というのがあります。亡くなった家族や友人が、いつまでも近くにいる…そう感じさせる最も強い感覚が匂いです。愛する人が亡くなった後、香水やオードトワレなど故人がまとっていた香りを求めてしまう人は多いそうです。なかには、衣類などに付着した残り香を求める人も。

02.
いまも、夢の中にいる

2-16-600x600

残された人々が、よく経験するのがこの体験だそう。失った家族や愛する人がいつも夢の中にいる感覚。カウンセラーの話によれば、亡くなった人々からの「安心して欲しい」というメッセージングだと捉えている人も。

03.
想い出の品が
勝手に…動く?
3-14-600x600

故人の品が、いつの間にか動いていて、あなたの目の留まる場所へと移動している。こんな体験も、彼らがまだ近くにいる証拠なんだとか。

とくに写真やジュエリーなど思い入れの強い品々ほど、不思議だけど動いたといった報告がよくあるそうです。
信じられるかは別として、こうした思い出の品々の不可解な移動が「今もあなたの側にいる」という、亡くなった人からのメッセージなのかも…。

04.
ただ、なんとなく
そばに気配を感じる

4-131-600x600

少なくとも、そう経験する人がいるのは事実のようです。この感覚は、室内の空気がガラリと変わるほどに分かりやすいものなのだとか。

05.
ラジオをつけた途端、
故人が好きだった
メロディーが流れてくる

5-131-600x600

例えば、ラジオをつけたとたん、故人が大好きだった歌や曲が流れてくる。こうした偶然の瞬間ほど、最愛の人が近くにいても不思議ではないサイン。多くの人が体験しているそうです。
もちろん偶然かもしれません。もしかしたら故人と過ごした日々の記憶が音楽からフラッシュバックする瞬間なのかも。

06.
電気製品に
説明できないような変化が…

GIF-1-600x600

まるで映画の中の話に聞こえるかもしれません。でも、この原因不明の点滅や電気機器のトラブルの報告は多いのだそう。

奇妙な出来事の中には、テレビが突然ちらついたり、照明がオンになったり、家電のビープ音が鳴り出したり。こうした原因不明のトラブルは、亡くなった人との関連性があるのかもしれませんね。

07.
突然、好きな数字が現れる

6-131-600x600

残された人々の中で、非常に重要で意味のある数字が突然、いたるところに現れるようになってくる、との報告があります。

たとえば、時計で時間を確認したときの偶然性、あらゆる場所にポップアップされる数字にも。何かそれは故人の記念日だったり年齢、好きな数字なども。
実際には、喪失感からこうした故人に関連のあるものを、数字の上からも探してしまうということなのでしょう。

08.
誰かに触れられている感覚

7-12-600x600

もしかしたら、ちょっと気味悪く感じる人もいるかもしれません。でも、この触れられているような感覚を、一人のときに感じるのならば、近くに彼らがいるサインかも。

部屋の空気が瞬間的に変わり、誰かに触れられているような感覚があるときも、怖がる必要はないのだそう。故人があなたに手を差し伸べようとしているだけかもしれない、というのですが…。

09.
自然の中に
漠然と存在を感じる

8-121-600x600

愛する人を失った多くの人が、動物や植物など他の生き物に姿形を変えて、自分を見守ってくれていると信じるそうです。鳥やチョウチョ、あるいは他の動物たちがなぜだか、ふと目に止まることがありませんか?こうした生き物から、なにか故人に近しい感覚を得た瞬間なのだそうですよ。
通常は昆虫に触れることが苦手なはずなのに、どこか親しみを覚えて触れてみた、そんな人も多くいるようです。

Licensed material used with permission by Little Things

大事な家族や親友、恋人などの死や不幸を想像する心理について。アンビバレンスというポジティブな感情とネガティブな感情の入り混じる心理現象が原因。その根底には...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
私たち人間にとって、愛着が湧くのは自然なこと。愛する人は自分の一部であり、人生を過ごすうえでとても大切な存在になった誰か、もしくは、何かがいなくなってしま...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
乳がんを患い、人生だけじゃなく夢にまでみた愛する人との「結婚」まで危うくなったHeatherさん。しかし彼女は最後まで諦めませんでした。周囲の助けもあり、...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
家族の一員でもある、大切なペット。しかしどんなに愛していても、人間とは違う時を生きている彼らとは、いずれお別れのときが来てしまうものです。Mark Woo...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
ラブラドール・レトリバーは、数多い犬種の中でも知能が高い犬。人間が思っている以上に表情や言葉から状況を理解し、心にそっと寄りそってくれます。アメリカ・アイ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
愛する人を失う…失恋であれ、死別であれ、それはとてもつらいことです。しかし、大好きだからこそ手放そう、と優しく背中を押してくれるのは、「Your Tang...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
“さらっと” していても、“ついで” だとしても。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...