95歳の祖父から学んだ「後悔しない人生」の過ごし方

人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。

becomingminimalist」のJoshua Beckerさんは、ナースのBronnie Wareさんの著書にある「人が亡くなる前に後悔する5つのこと」を参考に、95歳になる祖父の人生観を振り返りました。

人生に後悔しないために、私たちが持っておくべき心構えとは?

もっと、こうしておけば良かった

Bronnieさんの著書には、5つの後悔について、こうあります。

1.人の期待に応えず、自分の好きなように生きれば良かった。

2.こんなに働かなければ良かった。

3.自分の感情をもっと表に出せば良かった。

4.友人関係をもっと大切にすれば良かった。

5.自分の幸せをもっと考えれば良かった。

でも彼の祖父は、これらの後悔を持っていないのではないか、と。

一体どんな人生だったのでしょうか。

01.
愛に生きること

私の祖父は、とても愛情深い人だった。自分の家族や友人はもちろん、敵に回ってしまったような人にまで愛情を持って接している。その中でも、とくに祖母への想いはとても大きかったし、僕から見ても全身全霊で彼女を愛してるということが分かった。

祖父は愛を尽くして人生を終えるだろうし、祖母はすべての愛を彼から受け取っているはずだ。

02.
人生は身軽であること

祖父は、財産や名声などを自分の利益のために追うことはなかったし、それが与えられたとしても、いつも受け取らずに返上していた。財産も名声も、死の間際においては未練にしかならない、ということをよく知っていたのだ。

03.
勤勉であること

彼はもう95歳になるけれど、週に50時間以上は働いている。誰よりも仕事に対する感謝の気持ちを持っているし、仕事が好きで好きで仕方がないみたいだ。きっと彼は、人生の終わりを迎えるときも、仕事に対して「無駄な時間を過ごした」なんて思わないだろうし、世界をより良くするために貢献した、という満足感を持って幕を閉じることができるんじゃないかな。

04.
寛大であること

人生で出会った人の中で、祖父はもっとも寛大な存在だ。4人の子どもを持ち、家族を育てながらも、助けを求める声が聞こえたら常に動けるようにと、耳を傾けていた。孫の僕にも、お小遣いや美味しい食事、住むところまで与えてくれたし、再び会うことのない見知らぬ人にさえ、自分が与えられるものは何でも与えてきた。そのおおらかな性格はきっと、祖父自身の人生を肯定する大きな要因になっていると思う。

05.
信じること

祖父は、他人とも死とも神とも「平和」を築いてきた。とくに、祖父の人生で最も大切だったのは、神を信じることだったと思う。それがなければ、こんなにも平穏に「死を迎える準備」はできなかったのではないだろうか。

今日1日を、どのように生きるべきか?

Beckerさんは、自身の祖父のことを振り返り、結局は毎日を最大限、一生懸命生きることが人生の終わりを満足いくものにするのだ、と結論づけます。

後悔のないように、今日を生きる。

その積み重ねが、素晴らしい人生そのものになるのでしょう。

Licensed material used with permission by becomingminimalist
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
「WHOLBEGE」は、18リットルの大容量に耐えうる厚手素材!でありながら約300gという軽さを誇る。
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
旅には、人生が凝縮されています。
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。人は、どんな行動をとったときに、あ...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
オーストラリアのダンサーEileen Kramerさんの語る言葉は、そんなふうに迷いながらも進んでいる若者を、とても勇気付けてくれる。なんと今月103歳の...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
ロンドンで生まれた「Death Cafe(デスカフェ)」という文化は、知らない誰かとケーキを食べたりお茶を飲みながら、誰もが迎える人生の最期の時「死」につ...
もし今日死んでしまうとしたら、誰に何を伝えたいですか?自分の思い出の中に、伝えられなかった言葉はどれくらいありますか?人は、したことよりもしなかったことの...
「もしも今日が人生最後の日だったら、どんな1日を過ごしますか?」これ自体は、よく耳にする質問だと思う。でも、本気で自分に置き換えて考えたことはあるだろうか...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
人生は「選択」の連続。たった一つのチョイスが、大きな差となってあなたに返ってくることだってあるでしょう。ここで紹介する5つのコトは、「Expanded C...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...